クチコミ

REVIEWS

塩のまち・赤穂には、塩を使った旨いものがたくさんあるんです。

  • 播磨
  • グルメ

私がレポートします!

稿
赤穂塩グルメ倶楽部代表 矢野英樹
男性
40代
兵庫県赤穂市
江戸時代には“塩の国”と呼ばれていたほど、播州赤穂は古くから塩業が盛んです。そこで10年ほど前から “塩”をキーワードに、赤穂の魅力を発信するお手伝いをしています。赤穂には塩を使った旨いものが数多くあり、今後も増える予定なので、ぜひ色んなお店で楽しんで下さい。

赤穂の塩が決め手。「抹茶塩」と「天塩ロール」

赤穂は古くから塩の産地として栄え、にがりを多く含ませた塩づくりの手法が完成した江戸時代には、「塩の国」として全国に名を馳せていました。

今も赤穂市には多くの塩メーカーがあり、にがりを含んだ昔ながらの塩づくりが受け継がれています。

そんな“塩”を切り口に、赤穂のまち興しをしようと、2015年『赤穂塩グルメ倶楽部』を発足しました。昔からの定番の商品もあれば、新たに考案したメニューなどもあります。

そんな“赤穂塩グルメ”の中で今回、お土産におススメの2品をご紹介します。

赤穂の塩グルメ

 

まず、『茶舗わかさ』の「抹茶塩」。2種類あって、白い袋は赤穂塩グルメ倶楽部オリジナルブレンドの晴塩を使ったもので、こちらは顆粒状の塩の粒々感が特徴。もう一方は、きめ細かくさらっとした食感です。

 

 赤穂の塩グルメ

 

お茶屋さんが自分の店でブレンドしているので、抹茶と塩、昆布茶の混ざり具合が絶妙。この塩をかけると、天ぷらや焼き牡蠣が激旨になります!

お茶漬けの味付けとしても人気だそう。

一袋40g入300円と手軽なので、お土産にぴったりです。

 

赤穂の塩グルメ

 

もう一つおススメなのが、『かみや製菓本舗』の「赤穂の天塩ロール」。1本1500円、1カット200円。季節によりますが1週間前後は日持ちします。

 

赤穂の塩グルメ

 

赤穂の塩グルメ

 

しっかり目のもちっとした生地の中は、赤穂の塩を使ったバタークリーム。

バタークリームなのに口溶けが良く、塩が加わることで甘みが落ち着き、全くしつこさがない。

今どきの軽いスイーツではないので、「甘いもの食べたい!」って時や、バタークリームに懐かしさを感じる僕ら以上の世代に特におススメです。

 

赤穂の塩グルメ

 

Data:

赤穂塩グルメ倶楽部

https://akoshiogourmet.jimdo.com/

 

茶舗わかさ

0791-43-7324

赤穂市加里屋56-3

営業時間:9:30~19:00

休み:不定休

 

かみや製菓本舗

0791-42-0267

赤穂市塩屋4-5

営業時間:8:00~19:00

休み:木曜日(祝日の場合営業)と不定休

 

 

投稿コメント

COMMENT

  • ※全て必須項目です。
  • ※メールアドレスが公開されることはありません。
  • ※いただいたコメントは承認後サイトに反映されます。
  • ※コメント内容により承認を拒否する場合があります。その場合サイトに反映されませんので予めご了承ください。
  • ※承認を拒否した場合、コメント投稿者へ通知しませんので予めご了承ください。

コメント

お名前

メールアドレス

性別