観光スポット

SPOT
てらえていあと

寺江亭跡

  • 摂津(阪神)
  • 名勝・景勝・絶景

河尻にあった、平氏政権の有力者・五条大納言藤原邦綱の別荘。寺江亭・寺江頓宮などとも呼ばれ、1180年(治承4)6月、京から遷都した福原(現神戸市兵庫区)に向かう後白河法皇・高倉上皇・安徳天皇・平清盛らの宿舎となったのをはじめ、京と西国方面を行き来する際に皇族・貴族らが立ち寄りました。塩野義商店杭瀬工場敷地内の左門殿川川床には、礎石と思われる石材が沈んでいたことが、『兵庫県史蹟名勝天然紀念物調査報告』(1942年)に記録されています。 *寺江亭跡の碑が、杭瀬寺島2丁目1(阪神バス「杭瀬団地」東約650メートル)にあります。

基本情報Basic Information

住所

〒660-0813

尼崎市杭瀬寺島2-1
営業時間 常時見学可能
定休日 無休
料金

無料

駐車場

なし

アクセス
  • 公共交通機関
  • ・電車→阪神杭瀬駅又はJR尼崎駅から阪神バス尼崎市内線12・24・50-2系統「杭瀬団地」下車後、東へ約650メートル
  • ・車→国道2号線の左門橋の手前を北へ川沿いに上って、左手、今福公園の手前。
お問い合わせ 尼崎市役所総務局地域研究史料館
TEL 06-6482-5246
H.P http://www2.city.amagasaki.hyogo.jp/bunkazai/siseki/teraetei/teraetei.html

ユニバーサル情報Universal Information

アクセスマップAccess Map