クチコミ

REVIEWS

加西市へGO! in 五百羅漢(ごひゃくらかん)

  • 播磨
  • スポット

私がレポートします!

稿
加西市探検隊ー流通科学大学
男性
20代
神戸市&加西市
海外旅行・映画鑑賞
旅行が好きな流通科学大学の学生です。今回、加西市をPRします!

石仏が全国的に有名で、謎を秘めた「北条の五百羅漢」

 

 

今回は、メンバーの一人が故郷である加西市へ行ってきました。
加西市を㏚したい理由は、自分が地元である加西市の魅力を全国の皆さんに知っていただき、是非加西市に足を運んでいただきたいと思ったからです。

 

 

謎を秘めた「北条の五百羅漢(ごひゃくらかん)」は、古くから全国的に有名な石仏で、「親が見たけりゃ北条の西の五百羅漢の堂に御座れ」と謳われてきました。
そんな五百羅漢でいろんな顔で瞑想している石仏たちを見ることができます。 石仏の中には外国人と思われる顔もあり、加西にいたとされる隠れキリシタンの影響ではないかとの説もあるそうです。

 

 

 

11月頃からは写真のように綺麗に紅葉した風景が広がり、美しい五百羅漢を楽しむことができます。

 

 

このように、五百羅漢では季節によって、また違った雰囲気の石仏たちを味わうこともできます。

 

 

 

五百羅漢の拝観時間は、9時~17時で年中無休
拝観料は、200円(20名以上の団体の場合160円)となっております。

 

また、五百羅漢の周辺には他にも数多くの観光地があります。

 

 

 

五百羅漢の近くにある住吉神社では、多くの重要文化財があり、中でも優美な佇まいと綺麗な木組が見事な国指定重要文化財の酒見寺多宝塔や色鮮やかで存在感のある県指定文化財の酒見寺鐘楼は、どちらも印象的で美しい建物でした。

 

 

また、4月第1土・日曜日には、桜が咲いている中、北条節句祭りも行われます。
播州三大祭りに数えられる住吉神社の例大祭で、龍王舞・鶏合せ・浦安の舞といった神事と共に、播州に春の訪れを告げる勇壮な祭典です。とても迫力がある祭りで、全国的にも珍しく、写真家の注目の的でもあります。

 

 

 

以上が今回行った加西市の五百羅漢、住吉神社の紹介となります。

 

DATA:
五百羅漢石仏(ごひゃくらかん)
住所:兵庫県加西市北条町北条1293
電話:0790-43-0580
アクセス:北条鉄道北条町駅より徒歩約15分、中国自動車道加西SAより西へ約15分
https://kanko-kasai.com/spot/gohyakurakan/

 

住吉神社
住所:兵庫県加西市北条町北条1318
電話:0790-42-0423
https://kanko-kasai.com/spot/sumiyoshi/

 

 

投稿コメント

COMMENT

  • ※全て必須項目です。
  • ※メールアドレスが公開されることはありません。
  • ※いただいたコメントは承認後サイトに反映されます。
  • ※コメント内容により承認を拒否する場合があります。その場合サイトに反映されませんので予めご了承ください。
  • ※承認を拒否した場合、コメント投稿者へ通知しませんので予めご了承ください。

コメント

お名前

メールアドレス

性別