クチコミ

REVIEWS

世界でここだけ!丹波竜の化石を見に行こう!

  • 丹波
  • 体験・学び

私がレポートします!

稿
Tourist Information Chinese Desk
女性
20代
兵庫県
海外旅行
Tourist Information Desk(ツーリストインフォメーションデスク)は、兵庫県の魅力を皆様に発信する専門スタッフです!(o^∇^o)ノ
中国語担当の私は、簡体字でWeibo、繁体字でFacebookでも情報発信しています。爆買のイメージが強い中国ですが、日本の温泉やグルメも最近ブームになっています。兵庫県は温泉もグルメも豊富!どんどんご紹介していきます!

そっと目を瞑るとそこは恐竜が歩く世界♪

 

兵庫県は丹波市のちーたんの館に行ってまいりました!

丹波で発掘された恐竜の化石が見られるんですよー°˖☆◝(⁰▿⁰)◜☆˖°

 

 

JR福知山線谷川駅から車で5分ほどのところにあります。

早速、恐竜がお出迎えしてくれました!

 

 

 

建物に入ってすぐの券売機で入場券を購入、すぐそばにグッズショップもありました。

ちょうど子供たちが化石レプリカ作りに挑戦していました!

好きな色の樹脂2つを選んで、こねこねまぜまぜ、恐竜やちーたんの顔、アンモナイトの形の型に押し込んでいきます。

 

 

係の人に水で冷やしてもらうと、しばらくしてカラフルな化石レプリカの出来上がり!

なんだかグミみたいでとってもおいしそうです( º﹃º )(※食べられません)

 

 

 

さて、館内に目を向けると骨格が並んでいるのが目につきます。

ひときわ大きいのが丹波竜!体長が約15mあったそう。

ここ丹波で発見され、世界の他の地域では化石が見つかっていない恐竜です。

その他、同じく丹波で発掘された化石の恐竜の骨格も展示されています。

 

 

 

丹波竜の化石が見つかったのは、2006年のこと。

丹波市在住の足立洌さんと村上茂さん、ご友人同士のお二人が偶然発見されたそうです!

発掘時の様子を再現したのがこちらの展示。

 

 

 

ちなみに、丹波竜の正式学名は「タンバティタニス・アミキティアエ」。

「丹波」という地名が取り入れられているのと、「アミティアエ」は「友情」という意味で、発見者お二人の友情を記念しているそう。素敵ですね!

 

大昔には世界のいろんな場所に恐竜が生息していたものと思われますが、長い年月が流れる中で、地殻変動や土砂崩れの影響を受けず、化石が化石として見つかるのはとても珍しいことだとか。

大昔にこの場所でこんなに大きな生き物が歩き回っていて、その痕跡が1億年以上経った今発見されるなんて、まさにロマンですね!

 

 

なお、館内にはVR体験コーナーや、

 

当時の様子をイメージしたジオラマなどの展示がある他、

 

タイミングが合えば化石のクリーニング作業も見学できるそうです。

 

 

丹波竜の化石が見られるのは世界でもここだけ!

ぜひ一度訪れて、恐竜の世界を体験してみてください(*´▽`*)

 

また、ちーたんの館から車で10分ほどのところに「丹波竜の里公園」もありますのであわせてどうぞ!

土日には化石発掘体験もできますよ☆

 

 

 

DATA:

●ちーたんの館

〒669-3198

丹波市山南町谷川 1110番地(丹波市役所山南支所横)

0795-77-1887

http://www.tambaryu.com/

 

●丹波竜の里公園

〒669-3101

兵庫県丹波市山南町上滝1913−1

0795-78-0001(上久下(かみくげ)地域づくりセンター)

http://www.kamikuge.com/osirase.html

 

投稿コメント

COMMENT

  • ※全て必須項目です。
  • ※メールアドレスが公開されることはありません。
  • ※いただいたコメントは承認後サイトに反映されます。
  • ※コメント内容により承認を拒否する場合があります。その場合サイトに反映されませんので予めご了承ください。
  • ※承認を拒否した場合、コメント投稿者へ通知しませんので予めご了承ください。

コメント

お名前

メールアドレス

性別