クチコミ

REVIEWS

蛍・青もみじ・ひまわり。初夏は但馬へドライブ!

  • 但馬
  • スポット

私がレポートします!

稿
ひとみ
女性
30代
兵庫県養父市
自然遊び、旅人、キャンプ初心者
神奈川県から養父市に移住してきました。自然遊びが好きで、「今日はどこに行こうかな。何をしようかな。」と、気が付けばいつもワクワク楽しい事探しをしています。養父市は雄大で美しい自然に囲まれていて、幅広い世代が楽しめる自然の中でのアクティビティがたくさん。但馬地域(豊岡市・香美町・新温泉町・朝来市)の真ん中に位置しているので、各地の地域巡りにも便利です。

初夏のホタル&青もみじ、盛夏には50万本のひまわり!
但馬には夏ならではの絶景スポットがいっぱい♪

 

6月は、私が毎年とても楽しみにしているホタルの“恋”の季節です。
養父市の奥米地にある「ほたるの里」では、6月になると多い時で数百匹ものホタルが飛び交う幻想的な光のショーを見ることができるんです。ピークは6月中旬ですが、年によっては7月上旬まで鑑賞できます。

 

 

ホタルが光るのは、雄と雌が出会うためのコミュニケーションだと考えられていて、ホタルは年に一度の限られた季節、“恋”するために飛び始め、その短い命を終えます。その儚い輝きはうっとりする美しさ。

 

 

ホタルの季節はあっという間に終わってしまいますが、但馬エリアには他にも初夏ならではのお楽しみが色々あります♪
今回は、ホタルだけでなく「初夏のドライブデート」にオススメなコースも併せて紹介しますね!

 

まずは「養父神社」へ。
北近畿豊岡自動車道・和田山ICから約20分。
兵庫県下でも有数の紅葉名所ですが、梅雨が明けた後の初夏の「青もみじ」もとてもキレイなんですよ。

 

 

重厚な神殿建築と初夏の日差しに輝く新緑のコントラストは、清々しく透明感があって、樹々のパワーが溢れている感じがします。

 

 

拝殿の前には狛犬と狼の石像。

 

 

朱塗りの御神橋と青もみじの組み合わせなど、写真映えするポイントがたくさんあります。紅葉の時期は混雑しますが、初夏ならゆっくりのんびり鑑賞できるのもポイントです。

 

 

但馬でも特に人気のある紅葉名所なので、秋景色ももちろん素敵ですよ。

 

 

次は、2020年にリニューアルオープンした「道の駅やぶ COINOBA Village」へ。
円山川リバーサイドライン沿いにあります。
オシャレなカフェやベーカリー、県内初登場の油そば専門店も加わり、地元の食材を中心とした美味しいものがたくさん揃っています。但⾺エリアのお⼟産も購⼊できますよ。

 

 

手づくりにこだわったお弁当も人気。今日はドライブのお伴に、日替り弁当(550円)を購入。美味しくてボリュームも十分。お弁当は、当日9:30までなら電話で予約もできるそうです。

 

 

色んな味が楽しめるランチプレート「季節の16種類のビッグプレート」(1,580円)も人気です。

 

 

ソフトクリーム(300円)も頂きました。ものすごく濃厚で美味しい!
道の駅を訪れるとソフトクリームって絶対食べたくなるんですよね。

 

 

敷地内の池にはたくさんの鯉が泳いでいて、店内で販売されている「鯉の餌」(100円)で餌やり体験もできます。

 

 

そして但馬の夏といえば、豊岡市にある「たんとう花公園」のひまわり畑です!
和田山ICから約40分。

 


▲ 写真は以前の写真です。

 

日本最大級の100万本のチューリップが楽しめることで全国的に有名ですが、2001年から休耕田を利用して畑一面にひまわりも咲かせています。
その数なんと50万本!辺り一面が鮮やかな黄色い花畑になり、圧巻の光景です。

 

 


▲ 写真は以前の写真です。

 

見頃は8月上旬~中旬。例年、開花に合わせて「たんとうひまわりまつり」が開催され、ひまわりの摘み取り等が行われます。
※今年の実施状況は未定なので、事前に確認をしてください。

 

次に、奥米地にある「ほたるの里」を目指します。
「道の駅やぶ COINOBA Village」から車で約5分。
今年のホタルの様子です。私は上手に撮影できなかったので、写真が上手な知り合いの方にもらいました(笑)

 

 

 

ホタル観賞は暗くなってからですが、ちょっと早めに行って散策がオススメです。
ホタルの観賞スポットに通じる「ふれあい小径」には、ホタルのモチーフが点々とあって、暗くなると点滅します。

 

 

橋の欄干にもホタル。

 

 

すぐそばに、レトロで可愛い洋館「ほたるの館」もあります。
大正末期の旧養父町役場を移築改造した宿泊施設に泊まり、ゆっくりホタル観賞を楽しむことができます。

 

 

⾒頃の期間中は、県道への駐⾞が禁⽌されています。
今年は中止ですが、例年は「ほたる祭り」が開催されます。
ホタルは繊細で車のライトで死んでしまう事もあるそうです。車やカメラのライトは消し、ホタルの“恋”をそっと静かに見守りましょう。

 

但馬の夏ドライブコース、デートにもおすすめです♪

 

 

◇ ほたるの里 養父市奥米地
兵庫県養父市奥米地773
TEL:0796-65-0588
http://www.hotarunosato.info/

 

◇ 養父神社
兵庫県養父市養父市場
TEL:079-665-0252
http://www.yabu-jinja.jp/xoops/

 

◇ 道の駅やぶ COINOBA Village
兵庫県養父市養父市場1294-77
TEL:079-661-9034
https://www.instagram.com/michino_eki_yabu/

 

◇ たんとう花公園
兵庫県豊岡市但東町畑山
問い合わせ:但東シルクロード観光協会
TEL:0796-54-0500
https://tantosilk.gr.jp/

 

【HYOGO!ナビ WEBサイト 関連ページ】
養父市のスポット情報はこちら

 

掲載日:令和3年6月25日

投稿コメント

COMMENT

  • ※全て必須項目です。
  • ※メールアドレスが公開されることはありません。
  • ※いただいたコメントは承認後サイトに反映されます。
  • ※コメントの内容が企業等の広告宣伝に関わるものなど、クチコミ情報に直接関係のない場合は承認をいたしかねますので、予めご了承ください。(その場合、コメント投稿者への通知も行いません)

コメント

お名前

メールアドレス

性別