クチコミ

REVIEWS

播州藍染めを復活させた宍粟市の『工房まさき』で、本気の染色体験。

  • 播磨
  • 体験・学び

私がレポートします!

稿
のぞみ
女性
20代
兵庫県宍粟市
街歩き、酒蔵巡り
宍粟市ののどかな風景や、この地ならではの美味しいお酒や食べ物に魅了され、1年ほど前に神戸から移住してきました。 今は地域おこし協力隊として、宍粟市の魅力を発信しています。

染めの作業を繰り返すこと30回! 3時間がかりの本格体験

 

宍粟市の山崎町では昔、藍の栽培と藍染めが盛んに行われていましたが、化学染料の登場によって昭和初期に一旦、途絶えてしまったのだそうです。

そんな播州藍染めを復活させたのが、『工房まさき』の正木国枝さん。

蓼(たで)藍を原料に、本藍で染めた糸で服や小物をつくっておられます。

平成9年には「播州山崎藍染織」として兵庫県の伝統的工芸品の指定も受けられたそうです。

 

 播州藍染め

 

そんな『工房まさき』で、藍染め体験をしました。

 “体験”なので簡単な作業だろうと軽く考えていたら、3時間ぐらいかかると聞いてびっくり。

教えてくださったのは現在、染色を担当されている息子の正木竣雄さん。

工程としてはまず、染める生地を選びます。私はスカーフをチョイス。

次に、見本を見せてもらいながら、どんなデザインにするかを決めます。

 

播州藍染め

 

デザインに合わせた染め方を教わり、いよいよ藍の瓶(かめ)へ。

床に埋められた藍の瓶に、生地を浸して絞り、生地を開いて空気に触れさせるという工程を、最低30回以上繰り返します。

染料が飛んで服が汚れる上に、長時間屈んだ態勢になるので、スカートだった私は残念ながら作業を断念。残りの染めの作業は一緒に来た友人がしてくれることに。

なかなか大変そうでしたが、

「黙々と一つの事に集中して、無心になれる感じがいいよね。仕上がりの色が楽しみ」と、友人はご満悦の様子。

30回になった時点で、一度水で洗って染まり具合を確かめてもらいます。

「ちょっどまだ薄いなぁ」と竣雄さん。

さらに10回繰り返した後、再度水洗いして、軽く乾かし、工房での作業は終了です。

この後、自宅に持ち帰って3回ほど水洗いをし、陰干ししたら、遂に完成!

“体験”と呼ばれていますが、内容は実に本格的。体験をきっかけに染色の奥深さハマり、工房に通う方がいるというのも納得です。

 

播州藍染め

 

播州藍染め

 

播州藍染め

 

『工房まさき』は、播州藍染めを後世に伝えたいとの思いから、藍の瓶(かめ)の開放もされていて、自分が染めたいものを持ち込めます。これは全国でも非常に珍しいことだそう。

竣雄さん曰く、

「藍は天然のものやから、その時々に違う色を出す。化学染料にはない味わいがある」のが藍染めの魅力。

 

 

友人が染めの工程をがんばっている間に、私は機織り機も触らせてもらいました。

縦糸の間に横糸を通すのは本当に難しくて、糸を手前に打ち付けるには力も必要で、一本糸を織るだけでも大わらわ(笑)

機織り体験もできるそうです。ランチョンマット2000円~。

 

播州藍染め

 

工房で作った作品の販売もされています。

がま口財布1700円、トートバック8000円~など。

工房の近くの「ひまわりの家」や、「町家カフェ さんしょう」でも作品を購入できるそう。

 

藍染めのTシャツが素敵だったので、今度は汚れてもいい服装で来て、全工程を自分で仕上げたいです!

 

播州藍染め

 

工房DATA:

工房まさき

TEL:0790-62-1664

兵庫県宍粟市山崎町段132

体験はすべて要予約。藍染め体験は4月~10月末頃まで

http://aizomeori.jp/

 

投稿コメント

  • ぼくもまさき

    2019年04月05日 16:20 PM

    思ったよりはリーズナブルだし、家族で行ってみたいと思います。

  • たか

    2019年05月13日 20:50 PM

    去年体験しました!
    自分で染めて、出来上がりを見たとき、想像以上に感動しました^^

COMMENT

  • ※全て必須項目です。
  • ※メールアドレスが公開されることはありません。
  • ※いただいたコメントは承認後サイトに反映されます。
  • ※コメント内容により承認を拒否する場合があります。その場合サイトに反映されませんので予めご了承ください。
  • ※承認を拒否した場合、コメント投稿者へ通知しませんので予めご了承ください。

コメント

お名前

メールアドレス

性別