クチコミ

REVIEWS

戦国時代の宴席料理が復活!?狸に化かされる「狸食(たぬくい)」とは?

  • 播磨
  • グルメ

私がレポートします!

稿
Tourist Information Chinese Desk
女性
20代
兵庫県
海外旅行
Tourist Information Desk(ツーリストインフォメーションデスク)は、兵庫県の魅力を皆様に発信する専門スタッフです!(o^∇^o)ノ
中国語担当の私は、簡体字でWeibo、繁体字でFacebookでも情報発信しています。爆買のイメージが強い中国ですが、日本の温泉やグルメも最近ブームになっています。兵庫県は温泉もグルメも豊富!どんどんご紹介していきます!

当時の文献から再現されたという「狸食(たぬくい)」の秘密に迫る。

 

話題の「狸食(たぬくい)」の秘密を探るため、姫路駅から専用送迎バスで約30分、夢前町にある「上山旅館」に向かった。文字どおり“タヌキ肉”を使用した料理なのか?再現された戦国時代の宴席料理とは何のか?謎が深まる中、「上山旅館」に到着。

 

 

「上山旅館」は緑に囲まれ、とても静かで雰囲気の良い旅館です。

 

 

 

 

まずは、旅館の方に狸食についてお聞きしました。

狸食は、戦国時代に宴会料理の一品として出されていたとのこと。

今回、地元の食材を使った名物料理を作ろうと、地元の農家さんと旅館・ホテルの料理長さんら、加えて調理師学校さんが協力され、当時の味を再現すべく研究されたそうです。

そのレシピは、「播州置塩夜話」の中の「六花亭物語」という史料に記されていて、当時の文献を現代語に翻訳した資料があり、それを参考になさったとのこと。

当時の料理人さんたちは、まさか自分たちのレシピが何百年も後に再現され、食べられることになるとは思いもよらなかったでしょうね。

なお、「狸食」というネーミングのタネあかしはこの後…

 

宴会場へ移動して、狸食をいただきまーす!

 

 

白いご飯…??

宴会料理ということですが、ずいぶんと質素なのですね…。

ひとまず薬味をのせ、お出汁をかけて、食べてみましょう。

 

  

 

あっ!中から具が出てきました!

椎茸・鶏肉・鯛など、11種の食材が入っているそうです。

 

 

具材の写真はこちら。一見するとただの白ご飯、でも中にはたくさんの具材、ということで、狸に化かされたような気分になることから、「狸食」という名前になったそうです。なるほど~!とてもあっさりしていて、優しいお味です♪

 

今後、伝統的な狸食はもちろん、アレンジを加えた狸食も誕生するかも。

狸食を通じて、多くの人に夢前を訪れてほしいと、上山旅館のご主人はお話してくださいました。

 

 

 DATA:「狸食」提供施設

 

上山旅館

(4800円コースに含まれる(※要予約))

兵庫県姫路市夢前町塩田287番地

TEL.079-336-0020

http://ueyama-ryokan.com/

 

夢やかた

(狸食とおそばのセット1580円)

姫路市夢前町神種1281の2

 TEL.079-336-1585

 http://www.yumesan.jp/

 

且緩々

(ランチビッフェ1800円。子ども料金シニア割引有)

姫路市夢前町山之内乙120-1

TEL.079-338-0510

投稿コメント

COMMENT

  • ※全て必須項目です。
  • ※メールアドレスが公開されることはありません。
  • ※いただいたコメントは承認後サイトに反映されます。
  • ※コメント内容により承認を拒否する場合があります。その場合サイトに反映されませんので予めご了承ください。
  • ※承認を拒否した場合、コメント投稿者へ通知しませんので予めご了承ください。

コメント

お名前

メールアドレス

性別