感動体験!兵庫トップ>体験レポート:そば打ち体験に挑戦!

体験レポート

山や農村で そば打ち体験に挑戦! 自分で打ったそばだから、なおさらおいしい味がする  赤花そばの郷(豊岡市但東町)

食べるだけでは物足りない…そんな本格派グルメなら一度は体験してみたい“そば打ち”に挑戦してみませんか。本格的なそば打ちには意外な秘密やコツがあるのです。赤花地区は、そばの栽培に最適な土地柄で、古くから独自の手法によるつなぎを一切使用しない「十割そば」が作られていました。近年、地元赤花の一般家庭でさえもそばを打つ習慣が薄れてきていましたが、まぼろし的存在にあった十割そばを“赤花そば”として「そばの郷」で体験できます。簡単に言えば「練って、伸ばして、切る。」でも、これが以外と難しいのです。見ているだけではわからない、体験して初めて実感できる驚きと発見がいっぱいあります。また、施設には独自の製法で行われているそば粉の製粉プラントもあり見学もできます。そば畑や製粉の見学、そば打ち体験までひと味違う体験ができるのは産地ならではの体験です。


営業時間 10:00〜15:00
休業日 不定休(完全予約制)
問い合わせ 0796-56-0081
HP http://akabana-soba.net/

体験の様子を拝見!

力が勝負だ!「こね」工程

5人分の粉のうち1人分を取り分けて、4人分の粉に水を混ぜていきます。すると、さらさらだった粉が荒い砂のように。次に、残り1人分の粉に熱湯を加えて両手で力いっぱいグッグッとこねていきます。


おいしさの秘訣はお日様の光

地元産のそばの実を3日間かけて天日干しにて製粉しています。室内を適温に管理し太陽光で均等に乾燥させることで、そば本来のツヤと甘みが引き出されます。製粉プラントではこうした昔ながらの製法を現代風にアレンジされています。


麺棒でクルクル延ばそう!

生地がこね上がったら、台の上に打ち粉を撒いて、手前から奥へと麺棒でクルッ。生地を10度ずつ回転させながら繰り返し延ばすと、徐々に生地がまーるくなってきます。そして、いよいよ延ばした生地を切っていきます。切り口はゆがんで太さもまちまち。でも、自分で打ったそばの味は格別です。


「お待ちしています」
地元で 採れたもので作ることを第一に考えています。つなぎを一切使用しない「十割そば」は、プロでも難しいといわれていますが、独自の手法により皆さんにも体験していただけます。本物を体験していただきたいですね。
(赤花そばの郷生産組合 本田重美さん)
赤花そばの郷生産組合 本田重美さん


体験プログラムを探す

地域から探す

兵庫県の地図
神戸 阪神南 阪神北
東播磨 北播磨 中播磨
西播磨 但馬 丹波
淡路        

季節から探す

日付から探す

から

感動体験!兵庫トップ>体験レポート:そば打ち体験に挑戦!