ホーム  >  エリア情報 > 淡路エリア > ふるさと百景  >  慶野松原(南あわじ市)


海岸線と夕陽が創り出す自然の芸術
慶野松原は、南あわじ市松帆慶野にある播磨灘に面した海岸です。瀬戸内海国立公園の指定区域で国の名勝にも指定されており、「日本の白砂青松100選」「日本の渚百選」「日本の水浴場55選」などにも選定されています。この海岸線は白砂青松と形容される海岸線は約3kmに及び砂浜と松林で構成されており、慶野松原の夕景は秋から冬が特に絶景です。緋色に燃える夕陽、蒼から茜色に変化する播磨灘の海原、真紅の残照に映える慶野松原、この明暗の対比は、自然が生み出す芸術を実感させるものです。

南あわじ市松帆慶野
詳しくはこちら:
南あわじ市観光協会  淡路島観光協会

※NPO法人日本列島夕日と朝日の郷づくり協議会「日本の夕陽百選」



より大きな地図で 慶野松原 を表示