令和3年度 観光人材モチベーション向上等支援事業

SUBSIDY

1.事業目的

近年国内旅行の需要が増加すると同時に、コロナ禍終息後に観光需要のさらなる高まりが予想される中、観光産業を支える人材不足が大きな課題となっている。このため、観光人材の確保、育成、定着に向けた地域の主体的な新しい取組を支援する。

2 対象事業者

(1)兵庫県内の観光協会、旅館組合、DMO(登録DMO及びその候補となり得る法人)、公益法人、第三セクター、商工会議所、商工会及びこれらの団体・企業・県民等が参画する協議会等
(2)その他、公益社団法人ひょうご観光本部理事長が特に必要と認めたもの

3 対象事業

交流人口拡大を支える観光産業の人材確保、育成、定着等を目的とする地域の主体的な新しい取組を対象とする。

【事業例】
区 分 事業内容(例)
人材確保・生産性向上につながる各種取組 ・インターンシップ受入マニュアルの研究、作成
・サービスのバックヤード等で活用するロボット、AI、IoT等の導入検証
・補助対象事業者が主催する就職説明会
・域内観光事業社が複数社出展する就職説明会(県が主体となって実施する就職説明会を除く)への出展
 等
観光事業関係者のモチベーション向上に向けた各種取組 ・各種表彰制度の新設
・先進的な観光事業関係者への研修派遣
・域内宿泊事業者等の従業員が出演する人材確保のためのPR素材や観光地プロモーションビデオの作成
 等
宿泊事業者、土産店、飲食店等の経営者、従業員等(以下「観光事業関係者」という。)を対象とした各種研修会の開催 ・域内の観光事業関係者を対象とした、おもてなしスキルを学ぶ研修会やインバウンド対応セミナー
・域内の観光事業関係者を対象とした、ワインソムリエ等の資格取得のための研修会
・域内の観光事業関係者を対象とした、人材定着に向けた労務改善、生産性向上等のセミナー
 等
外国人材をはじめとした人材育成の取組 ・外国人材向け業務マニュアルや社内向け外国人材受入マニュアルの作成
・外国人材受入に要する職場環境の整備
・外国人材向けの日本文化及び日本語を学ぶセミナーの開催
 等

4 補助事業者の要件

  補助金を申請するためには、次の要件を充足しなければならない。
(1)補助事業を的確に遂行する能力を有すること
(2)補助事業を遂行するのに必要な自己資金の調達が可能であること
(3)経理その他の事務について的確な管理体制と処理能力を有すること

5 支援内容

(1)補 助 額  上限 500千円
(2)補助対象経費の1/2以内(千円未満切捨)
(3)補助対象経費 

科  目 項  目 内  容
謝金 専門家等謝金 事業に必要な委員等謝金
旅費 専門家等旅費 事業を遂行するために必要な経費
庁費 賃借料・使用料
出展料
会場設営費
広報宣伝費
印刷製本費
通信運搬費
雑役務費
原材料費
消耗品費
事業を遂行するために必要な経費(収益事業に要する経費を除く)
委託費 事業に必要な業務を委託する経費 事業を遂行するために必要な経費(研修委託費など)
その他の経費 その他、特に理事長が認める経費   

(4)補助対象事業期間
   交付決定日 令和4年2月末日まで

5 提出書類

交付申請書(様式第1号)、誓約書(様式第1号の2)、事業計画書(別紙1)、収支予算書(別紙2)、積算内訳書(任意様式)を各1部

5 申請方法

下記より申請書をダウンロードしてください

お問い合わせ先

  • 兵庫県観光企画課  担当:大西
  • 住 所:〒650-8567 神戸市中央区下山手通5-10-1 兵庫県庁1号館7階
  • 電 話:078-362-3837
  • FAX:078-362-4275
  • E-mail:Akane_Oonishi@pref.hyogo.lg.jp