観光スポット

SPOT
たけのくちだいば

炬口台場

  • 淡路
  • 城・城跡

歴史・背景

炬口台場は霞台場同様に、文久三年(1863)に徳島藩主の命により洲本城城代である稲田氏が築城した台場です。台場の形状は北東の海に面して石垣が組まれその上に盛土して胸墻としていました。砲座はあわせて6つあり、背後および側面には木柵を施しただけの簡素な作りでした。また、西側の水路を隔てて向いに位置する現在自動車教習所があるあたりには洋式錬兵場が作られていたと言われています。

『淡路洲本城』城郭談話会刊参照

このお城ののみどころ

炬口台場は、洲浜橋を渡って2つめの辻を左折、すぐに又左折、さらに右折、そして左折とくねくねと狭い路地をぬけ淡路水産センターに到着しますが、その敷地にあったのが炬口台場です。水産センターの建物の奥に2メートル強の土塁が見えますが、まさしくそれが台場の前面部になります。反対側にまわりこんで民家の畑からはしっかりと当時の石垣が残されているのがよくわかります。

本岡氏の詳しい訪問コメントはこちら
http://www.siromegu.com/castle/hyogo/takenokutidaiba/takenokutidaiba.htm

基本情報Basic Information

住所

〒656-0011

洲本市炬口1丁目1−24
料金

無料

駐車場

なし

アクセス
  • 公共交通機関
  • 洲本バスセンターから北へ約1km、淡路水産センター付近

ユニバーサル情報Universal Information

アクセスマップAccess Map

スポット周辺のイベント情報Event Info