観光スポット

SPOT
かわいじょう

河合城

  • 播磨
  • 城・城跡

歴史・背景

別名「掘殿城」とも呼ばれ、室町時代の播磨守護職であった赤松氏の東播磨の拠点として築城されています。嘉吉元年(1441)の「嘉吉の乱」の時には、赤松満祐が将軍足利義教の首をもって入城したことでも知られています。東西約四百メートル、南北約三百メートルの城域を有する東播磨屈指の大城郭でしたが、ほ場整備事業等により、その景観は失われています。主郭部は「源氏屋敷」とよばれ、土塁と掘が巡っていました。さらに掘の外側には、東の郭と西の郭があり、三つの郭から構成された平城であったようです。

『河合城跡案内板』より

このお城ののみどころ

赤松氏の本城として機能していた大城郭ということです。堀井城や小堀城と水路でつながっていたそうです。 現在は完全に畑や田圃のなかにうもれてしまっていますが縄張りやその規模はよく把握することができるようになっています。現在は土塁跡が現存していますが、3城をつないでいたとされる水路も見ることができるのでそれだけでも感動できると思います。


本岡氏の詳しい訪問コメントはこちら
http://www.siromegu.com/castle/hyogo/kawai/kawai.htm

基本情報Basic Information

住所

〒675-1355

小野市新部町小字構、河合西町城
料金

無料

駐車場

なし

アクセス
  • 公共交通機関
  • JR加古川線河合西駅から徒歩約15分

ユニバーサル情報Universal Information

アクセスマップAccess Map

スポット周辺のイベント情報Event Info