クチコミ

REVIEWS

お香生産量日本一の“香りの島”、淡路島で自分だけの香りづくり

  • 淡路
  • 体験・学び

私がレポートします!

稿
杉林
女性
30代
東京都
読書、音楽鑑賞、パワースポットめぐり
心を癒してくれるので、日常的に海や神社などのパワースポットに行きます。たくさんの祭礼が月の満ち欠けに併せて行われるように、特に新月や満月の時はエネルギーが強くなるので、パワースポットめぐりのベストタイミングなんです。

色も香りも自分で選べて、作っている間も癒されます♪

 

淡路島の名産品というと、淡路牛や玉ねぎ、最近ではフグなども有名ですが、お香の生産量も日本一で、全国の生産量の約70%を占めているって知ってますか?

しかも、『日本書紀』によると、お香の原料である香木が日本に初めて伝来したのは、淡路島。約1400年前のことだそうです。

私は、お香というと京都のイメージだったんですが、実はお香の歴史は淡路島から始まったのだそうです。

 

淡路島でのお香づくり

 

島の真ん中あたり、津名一宮IC近くにお香の会社がいくつもあります。

その中の一つ、創業明治26年(1893年)の老舗「薫寿堂」で、今日はお香づくり体験をしたいと思います。体験料は一人500円、所要時間は約40分。

 

淡路島でのお香づくり

 

まず、好きなお香の色の粉を選び、水を加えて練っていきます。

けっこう力がいります。

さらに好みの香料を加えて練っていきます。私が選んだのはローズ。

立ち上ってくる香りに癒されます。

 

淡路島でのお香づくり

 

淡路島でのお香づくり

 

出来上がった生地を薄くのばして型で抜き、紙の上に並べていきます。

まるでクッキーづくりをしているみたい。

そのまま持ち帰って、自宅で2~3日乾燥させたら完成です。

思っていたよりたくさんできて嬉しい。どんな香りかとっても楽しみです。

席が空いていれば予約なしでも体験可能だそう。工場見学もできます。

 

淡路島でのお香づくり

 

体験スペースの前には、ショールームがあって、たくさんのお香が展示販売されています。

ここで初めて見たのが、「紙」のお香。

シートタイプの新感覚のお香だそうで、香炉などなしで手軽に焚けるそう。

名刺入れにそのまま入れておくのもいいかも。名刺を渡す時にいい香りがするって好印象ですよね。1箱30枚入りで800円(税別)はお得感があります。香りは全部で9種類。

珍しいので、プレゼントにしたら喜ばれそう。

まずは自分用に買って、色んな使い方を試してみようと思います。

 

淡路島でのお香づくり

 

薫寿堂

兵庫県淡路市多賀1255-1

施設営業時間10:00~16:00

予約問い合わせtel:0799-85-1301(受付時間8:00~17:00)

https://www.kunjudo.co.jp/

 

投稿コメント

COMMENT

  • ※全て必須項目です。
  • ※メールアドレスが公開されることはありません。
  • ※いただいたコメントは承認後サイトに反映されます。
  • ※コメント内容により承認を拒否する場合があります。その場合サイトに反映されませんので予めご了承ください。
  • ※承認を拒否した場合、コメント投稿者へ通知しませんので予めご了承ください。

コメント

お名前

メールアドレス

性別