クチコミ

REVIEWS

『The Last Samurai』ロケ地!―新緑の書写山圓教寺へハイキングと写経体験 ―

  • 播磨
  • おすすめコース

私がレポートします!

稿
Tourist Information English Desk
女性
20代
兵庫県
海外旅行
Tourist Information Desk(ツーリストインフォメーションデスク)は、兵庫県の魅力を皆様に発信する専門スタッフです!(o^∇^o)ノ
私は英語担当として、英語圏のお客様に兵庫県の観光を案内しています。外国人目線でひょうごの魅力を発信しています。

※こちらの記事は、4月中旬に取材した内容となります。新型コロナウイルス拡大防止のため、不要不急の外出自粛の状況ですので、自宅にいながら旅行気分を味わってください。

「新緑も美しい書写山圓教寺を満喫!」
 

ハリウッド映画 『The Last Samurai』のロケ地といえば、兵庫県姫路市にあります書写山圓教寺!新緑が見頃のこの季節、ハイキングにぴったりのこの場所は、閑静な山内に堂塔が立ち並び、“西の比叡山”とも呼ばれています。
  

降り注ぐ朝日を浴びながら、姫路駅からスタートです!

姫路城がドーンと正面に望む駅前バスロータリー。10番乗り場から、神姫バス「書写山ロープウェイ」行きが出ています。もちろん姫路城を散策してから行くのも良いですね。

バスに乗り約30分で、ロープウェイ乗り場に到着。



書写山と田園風景、小川のせせらぎが美しい。

バスの到着時間に合わせて運行されているロープウェイは、2018年にリニューアルされた最新式。上下線ともに発車時刻は毎時00・15・30・45分です。

綺麗に整備されたお手洗いへ行き、チケットを購入したら、スムーズに乗車時間。チケットは片道600円、往復1,000円。姫路駅からの往復バス+往復ロープウェイのお得なセットチケット1,420円も、神姫バス姫路駅前案内所で販売中!

 

 

ロープウェイはすぐに山上駅へ到着。4分間の空中散歩をお楽しみください。

 

 

360度ガラス張りの車内から、観光案内のアナウンスを聞きながら、眼下に広がる姫路城下町の街並みや、瀬戸内海と島巡りが魅力の家島諸島の景色を楽しんだら、あっという間に到着!一息ついたらハイキング出発です。

少し進むと、入山口。

 

 

こちらで入山料500円をお納めください。入山券には漢字が印刷されています。

10枚程に1枚ある「大吉」が当たればラッキー!!

 

 

ここからはメインの堂までさらに緑が深まる山道を約10分ハイキング。(シャトルバスも出ているので、ご高齢の方やベビーカーの赤ちゃん連れの方も、家族みんなで訪れることができます。)



道中は、とにかく緑が生き生きしてて、空気が美味しい!



左右に立ち並ぶ様々な様子の仏像。お気に入りを見つけるのも楽しいかもしれません。



映画のような新緑の深まる山道を進んだ先には、



圧巻の「摩尼殿(まにでん)」!
想像より大きい。そして実は和菓子で有名な姫路。是非、景色を楽しみながら「はづき茶屋」で和菓子と抹茶で一息を。

 


餡わらび餅・抹茶のセット。



美味しい!!「はぁ~、風情がありますなぁ。」
ちなみに日中は、時間限定でお餅を焼いて提供してくれますよ。
さぁ、一息ついたら摩尼殿へ。

 

 

 

こちらでは御朱印やお守りを授与頂けます。
その後は、少し険しくなった山道へ。

 

5分ほど進みますと、

 

 

ここが写経体験をする「食堂」(じきどう)です。
何もないこの空間、俗世界を忘れさせてくれます。
写経体験は1,000円(約1時間)、300円(約20分)の2種類から選べます。

 

今回は300円の花びら写経を。5種類の色それぞれ意味が違います。

 

 

縁側に並んだ写経専用の机。お好きな場所を選んでください。

 

 

 

下書きがしてあるので、綺麗にかけました!




写経が終わると、食堂の2階からの景色も楽しんで。
ウエディングもされている圓教寺。どこで撮っても絵になります。
帰りの山道に、ふと左手を見ると、



めちゃめちゃお地蔵様!!そしてあっという間に入山口へ。
行きより帰りの方が早い気がするのは、旅あるあるなのでしょうか。



ロープウェイで下山です。夕暮れ時は夕焼けが綺麗でしょう。
また時間に合わせてバスがやってきます。バス乗り場の近くには、地元で人気の老舗和菓子店「杵屋 書写お菓子の里」があります。

 

 


以前、映画の撮影で訪れたトム・クルーズがお土産に50本購入したバームクーヘン「書写 千年杉」も売っていますよ。(姫路駅にも店舗あり。)
今回は、季節の手づくり生菓子と、桜餅を購入。



春うらら、なんだか一句詠みたくなってきました。
和菓子を堪能した後は、バスに乗って姫路駅へ帰るのもよし。もしくは、そのまま川沿いに3分程歩いた先のバス停『横関』から神姫バス(前之庄行き)に5分程乗って、4月中旬~5月上旬まで芝桜が圧巻の「ヤマサ蒲鉾」本社工場へ行ってみて!



工場見学・直販店・雪彦足湯と、楽しみが満載!

 

 

 

ヤマサ蒲鉾の最寄りのバス停は「清水橋」!土日祝日はヤマサ蒲鉾本社前に停まる時間もあるみたい。(2021年4月時点 コロナウイルスの影響で運行停止中。) 
以上、初夏はもちろん、春夏秋冬おすすめの書写山日帰り旅でした!
(※新型コロナウイルスの影響で、イベントや各施設の営業時間に変更が生じています。出発前にご確認ください。)

■書写山圓教寺:http://www.shosha.or.jp/

■書写山ロープウェイ:https://www.mt-shosha.info/

■ヤマサ蒲鉾:https://www.e-yamasa.com/special/shibazakura.html

■杵屋:http://www.kineya.net/

 

掲載日:令和3年4月23日

投稿コメント

COMMENT

  • ※全て必須項目です。
  • ※メールアドレスが公開されることはありません。
  • ※いただいたコメントは承認後サイトに反映されます。
  • ※コメントの内容が企業等の広告宣伝に関わるものなど、クチコミ情報に直接関係のない場合は承認をいたしかねますので、予めご了承ください。(その場合、コメント投稿者への通知も行いません)

コメント

お名前

メールアドレス

性別