音声読み上げ

イベント

EVENT

『金と銀のきらめき』『ひとの姿』『那波多目功一・牧進 花鳥の美』

  • 播磨
  • 展覧会
  • 芸術文化

戦国時代から江戸時代前期にかけて金山の開発や金の産出量が多く黄金の国と謳われた日本。金彩銀彩は江戸時代に野々村仁清や尾形乾山が色絵に取り入れたのがはじまりです。作品に華麗な装飾性を与える重要な彩となっています。近現代作家たちの手掛ける作品より金銀の多様性、光り輝く金や鈍い輝きを放つ銀彩など魅力溢れる金銀彩の世界をお楽しみください。
 絵画では、二つの企画展を開催。まず一つ目は、人物画に焦点を当てた展覧会です。その人物を描くことによって作家が何を表現したいのか、近現代作家たちの描く様々な人物画の世界をお楽しみください。
 もう一つは当館創業者の三木茂克の愛した日本画家、那波多目功一氏と牧進氏の作品を一挙に公開します。流麗な花鳥画の世界をお楽しみください。

開催日 2022年11月30日(水)~2023年2月26日(日)
開催場所 三木美術館
開催時間 午前10時~午後6時(入館は午後5時半まで)
定休日 月、火曜日、年末年始12/26~1/4 [1月9日(月)は開館]
アクセス JR姫路駅・山陽姫路駅より大手前通りを北(姫路城方向)へ徒歩約8分
料金 一般(高校生以上)300円、中学生以下無料
問い合わせ先 三木美術館
TEL 079-284-8413
H.P http://www.miki-m.jp/
E-mail miki-museum@mikikogyo.co.jp
PDF イベントチラシ

アクセスマップAccess Map