イベント

EVENT

令和3年春季展 笹部さくらコレクション 「江戸に桜(はな)ひらく」

  • 摂津(阪神)
  • 展覧会

日本古来の山桜・里桜の保護育成に生涯を捧げた笹部新太郎氏は、日本の桜を「江戸時代以上に持って行きたい」という希望を持っていました。江戸時代に注目すると、花見の文化の広がりや、園芸が流行して様々な品種の桜を植えた庭園が営まれたことが特徴としてあげられます。また、笹部さくらコレクションに多く収められている、桜ばかりを描いた画派・三熊派が登場したのも江戸時代のことです。

今回の展示では、掛軸や錦絵、和本などから隆盛を誇った江戸時代の桜をご紹介します。                                                                                                                                              市民優待日:4月3日(土)・4日(日) 入館料 一般300円、中・小学生250円                                                    

開催日 2021年3月20日(土)~2021年6月6日(日)
開催場所 酒ミュージアム(白鹿記念酒造博物館)
開催時間 10:00~17:00(入館は16:30まで)
定休日 火曜日。4月19日(月)は記念館展示替えのため観覧不可。5月4日(火・祝)は開館、5月6日(木)休館。    
アクセス 阪神西宮駅より札場筋を南へ徒歩15分。または阪神西宮駅、JR西宮駅より阪神バス「マリナパーク」行き乗車、「交通公園前」下車南西へ1分。
料金 一般 500円、中・小学生 250円
問い合わせ先 酒ミュージアム (公益財団法人 白鹿記念酒造博物館)
TEL 0798-33-0008
H.P https://sake-museum.jp/
E-mail sake-museum@hakushika.co.jp
PDF 令和3年春季展 笹部さくらコレクション チラシ

アクセスマップAccess Map