音声読み上げ

イベント

EVENT

絵画:『富士を見つめて』 陶磁器:『魯山人と織部』

  • 播磨
  • 展覧会
  • 芸術文化

 絵画では、富士山を中心に日本の名峰を描いた作品をご紹介します。
山がどのように表現されてきたかに注目して、横山大観、安井曾太郎、奥田元宋、絹谷幸二などの描く山をお愉しみ下さい。
 陶磁器では、当館所蔵の北大路魯山人の陶磁器作品と、加藤卓男、岡部嶺男など近代以降の作家たちの手掛ける織部の作品をご紹介します。
北大路魯山人は、料理家、陶芸家、篆刻家、書道家など多岐にわたるジャンルで活躍した芸術家です。魯山人は1955年に織部焼の技法で重要無形文化財の保持者に声がかかるも辞退しています。
 織部焼は、桃山時代に大名であり茶人である古田織部が好んだ、緑釉を中心としたやきものです。桃山時代の織部にアレンジを加えるなど、独自のスタイルを築きました。織部独特の風合いをお愉しみ下さい。

開催日 2023年11月30日(木)~2024年2月24日(土)
開催場所 三木美術館
開催時間 午前10時~午後6時(入館は午後5時半まで)
定休日 月・火曜日(祝祭日は開館)、年末年始12月27日(水)~1月4日(木)
〔1月8日(月)、2月12日(月)は開館〕
アクセス JR姫路駅・山陽姫路駅より大手前通りを北(姫路城方向)へ徒歩約8分
料金 一般(高校生以上)500円、中学生以下無料、LINEおともだち料金300円
問い合わせ先 三木美術館
TEL 079-284-8413
H.P http://www.miki-m.jp/
E-mail miki-museum@mikikogyo.co.jp
PDF 【チラシ】絵画:『富士を見つめて』 陶磁器:『魯山人と織部』

アクセスマップAccess Map