1. ホーム
  2. ひょうごツーリズムバスについて
  3. ひょうごツーリズムバス

四季折々に、数え切れないほどの楽しみがみつかる兵庫体験の旅 ひょうごツーリズムバス

(国内にお住まいの団体向けのご案内)

平成29年度申請ページ

1 ひょうごツーリズムバスとは

(公社)ひょうごツーリズム協会が、兵庫県外から多くの方々に県内を観光していただき、 兵庫県の魅力に触れていただくために、10人以上で貸切バスを利用した旅行のバス料金 の一部助成を行う制度です。(※当事業は兵庫県の補助金により実施)
 平成29年度は、県内観光客誘致の一層の促進に向けて推進する「テーマツーリズム」の趣旨に即した旅行、 特別枠(@日本遺産認定地域等周遊分、A山陰海岸ジオパーク等但馬地域周遊分、B六甲山地域周遊分) に関する旅行、「あいたい兵庫キャンペーン2017」(平成29年10月〜12月) 実施期間中の旅行を対象とし、助成します。

2 助成要件について

下記の要件(1)〜(6)全てを満たすものであること。

  1. 「テーマツーリズム(※1)」に該当する旅行、 「特別枠(@日本遺産認定地域等周遊分、A山陰海岸ジオパーク等但馬地域周遊分、B六甲山地域周遊分)に該当する旅行(※2)」、 「あいたい兵庫キャンペーン2017」(平成29年10月〜12月)実施期間中の旅行の、 いずれかに該当するツアーであること。

    (※1)テーマツーリズムに該当する旅行とは以下@〜C

    1. @ 兵庫の食体験ツーリズム

      兵庫五国の特産品、農林水産物、ご当地グルメ等を組み込んだツアー

    2. A スポーツツーリズム

      スポーツ施設、温泉を含む健康増進施設等を組み込んだツアー

    3. B 兵庫産業ツーリズム

      酒蔵等の工場・施設見学可能な産業ツーリズム登録施設や産業遺産等を組み込んだツアー

    4. C 兵庫ならではの特色を生かしたテーマ性のあるツーリズム

      自然、歴史、文化、風土等(温泉、竹田城跡、忠臣蔵関連施設、淡路花さじき等)を はじめとする兵庫ならではの特色を生かしたテーマ性のあるツアー

    (※2)特別枠に該当する旅行とは以下@〜B

    1. @ 日本遺産認定地域等周遊分対象施設 【対象地域:淡路島、篠山市】

      (宿 泊)県内に宿泊し、県内対象地域の施設1ヶ所に加え、県内他地域の施設1ヶ所以上を訪問する高品質のツアーであること。
      (日帰り)県内対象地域の施設1ヶ所以上を訪問する高品質のツアーであること。
      ※宿泊・日帰りともに、有料観光施設1ヶ所は県内対象地域の施設もしくは県内他地域の施設のいずれでも可とする。

    2. A 山陰海岸ジオパーク等但馬地域周遊分対象施設 【対象地域:但馬地域】

      (宿 泊)県内に宿泊し、山陰海岸ジオパーク等の但馬地域内の対象施設2ヶ所 以上(1ヶ所は県内とする)を訪問する高品質のツアーであること。
      (日帰り)山陰海岸ジオパーク内等の但馬地域内の県内対象施設1ヶ所以上を訪問する高品質のツアーであること。
      ※宿泊・日帰りともに、有料観光施設利用は、 (B)特別枠の「A山陰海岸ジオパーク等但馬地域周遊分」として申請する場合にあっては、 兵庫県内の有料のジオパークガイドの利用も対象とする。

    3. B六甲山地域周遊分 【対象地域:六甲山地域】

      (宿 泊)県内に宿泊し、六甲山地域内の対象施設1ヶ所に加え、県内他地域の施設1ヶ所 以上を訪問する高品質のツアーであること。
      (日帰り)六甲山地域内の対象施設1ヶ所以上を訪問する高品質のツアーであること。 ※宿泊・日帰りともに、有料観光施設1ヶ所は六甲山地域内もしくは県内他地域の 対象施設のいずれでも可とする。

  2. 兵庫県外から兵庫県を観光する旅行で、貸切バスを利用した10人以上の団体バス旅行であること。(県外からJR又は飛行機を利用し、兵庫県で貸切バスを利用した行程も含む。但し、県外からの行程を確認できるものに限る。)

  3. 民間(市町等の交通局を含む)貸切バスを使用すること。但し、レンタカーは除く。

  4. 期限内に利用申込書、実績報告書及び必要な添付書類を提出できること。
    実績報告書・・・旅行帰着日から1ヶ月以内に必着。

  5. ひょうごツーリズムバス対象施設は、宿泊旅行、日帰り旅行ともに、
     (A)「テーマツーリズム」枠に該当する旅行については、別添「テーマツーリズム」一覧の施設を対象とする。
     (B)特別枠
       @「日本遺産認定地域等周遊分対象施設」枠に該当する旅行については、 別添「日本遺産認定地域等周遊分対象施設」一覧の施設を対象とする。
       A「山陰海岸ジオパーク等但馬地域周遊分対象施設」枠に該当する旅行については、 別添「山陰海岸ジオパーク等但馬地域周遊分対象施設」一覧の施設を対象とする。
     (C)「あいたい兵庫キャンペーン2017(平成29年10月〜12月)」枠、 「海外」枠に該当する旅行については、別添「全施設」一覧の施設を対象とする。

  6. 次に定める要件を全て満たした行程であること。

    【宿泊旅行】

    • [1] 兵庫県内での宿泊を伴うこと。

    • [2] ひょうごツーリズムバス対象施設を2ヶ所以上訪問すること。
      このうち1ヶ所は必ず兵庫県内の有料観光施設を訪問すること。 ただし、兵庫県内事業者での食事(弁当を含む)の手配(自由食は不可)、 又は「山陰海岸ジオパーク等但馬地域周遊分」枠として申請する場合は 兵庫県内の有料のジオパークガイドの利用をもって有料観光施設に代えることができる。
      ※有料駐車場利用・道路通行料、施設協力金(募金)、 ボランティアガイド料(「山陰海岸ジオパーク等但馬地域周遊分」を除く)及びこれらに類するものなどは、有料観光施設訪問とは見なさない。


    【日帰り旅行】

    • [1] 兵庫県内での食事(弁当を含む)が手配された行程であること。(自由食は不可)

    • [2] ひょうごツーリズムバス対象施設を1ヶ所以上訪問すること。
      このうち1ヶ所は必ず兵庫県内の有料観光施設を訪問すること。ただし、 「山陰海岸ジオパーク等但馬地域周遊分」枠として申請する場合は、 兵庫県内の有料のジオパークガイドの利用をもって有料観光施設に代えることができる。
      ※有料駐車場利用・道路通行料、施設協力金(募金)、ボランティアガイド料 (「山陰海岸ジオパーク等但馬地域周遊分」を除く) 及びこれらに類するものなどは有料観光施設訪問とは見なさない。

※宿泊旅行、日帰り旅行用のそれぞれの申込書をご利用ください。申込書様式ファイルのシートを選択してください。

■ 対象外の旅行について

  •  国、自治体、公的団体が実施する会議、研修旅行
  •  学校行事として実施する旅行
  •  宗教活動、政治活動の一環の旅行
  •  他のバス料金助成制度の承認を受けた旅行

3 助成内容について

(1台当たりの助成額)

1台あたりの乗車人数※ 助成額
県内宿泊 日帰り
20人以上 30,000円 15,000円
10人以上19人以下 15,000円 7,500円

※人数の判定は宿泊施設、訪問施設、食事施設の領収証記載の人数のうち最も少ない人数とします。

4 申請について

旅行会社、運輸関係事業者及び旅行団体代表者のいずれかから(募集型企画旅行、受注型企画旅行、手配旅行、貸切バス旅行)の申請を受付します。

5 受付について

  旅行実施時期 受付期間
1 4月・5月実施分 3月21日まで
2 6月・7月実施分 4月20日〜5月10日
3 8月・9月実施分 6月20日〜7月10日
4 10月・11月実施分 8月21日〜9月11日
5 12月・翌年1月実施分 10月20日〜11月10日
6 翌年2月・3月実施分 12月11日〜翌年1月10日

郵送で期間内に必着。FAX・メールでの提出不可

6 審査及び承認について

先着順ではありません。受付期間内に受付した申請の旅行内容を審査し、予算の範囲内において承認の可否を決定します。
受付期間終了後、約2週間で利用承認書等を郵送いたします。
承認から外れたものはキャンセル待ち登録とし、当協会からファックスにて連絡しますが、 旅行開始日までに利用承認書が郵送されない場合は助成対象となりませんのでご了承願います。

7 制度利用の流れ

制度利用の流れ

[1] 申請

(1)〜(3)の書類を提出(原本を郵送に限る。受付期間内に必着)

募集型企画旅行
(以後、(A)と表記)

その他(受注型企画旅行、手配旅行、貸切バス旅行)
(以後、(B)と表記)

  • 様式1-1(宿泊旅行)もしくは様式1-2(日帰り旅行)「ひょうごツーリズムバス」利用申込書
    ※必ず押印のこと
    募集型企画旅行を複数月に渡り実施する場合、暦月ごとに申込書及び添付書類を作成し送付願います。
  • 募集用チラシまたはパンフレット(訪問する対象施設が明記されたもの)
  • バス手配・回答書のコピー
  • 様式1-1(宿泊旅行)もしくは様式1-2(日帰り旅行)「ひょうごツーリズムバス」利用申込書
    ※必ず押印のこと
  • 旅行行程表(訪問する対象施設が明記されたもの)
  • 貸切バス料金等がわかるもの

※押印について
旅行会社及び運輸関係事業者・・・代表者印もしくは所属長印
旅行団体代表者・・・・・・個人印

[2] 利用承認

申請内容を審査の上、条件を満たすものに対して、利用承認書を発送し、助成限度額を通知いたします。

(A)

(B)

(利用承認の際にお送りする書類)
・ 様式2 「ひょうごツーリズムバス」利用承認書
・ 様式3-1 「ひょうごツーリズムバス」利用実績報告書(A)
・ 様式4 「ひょうごツーリズムバス」助成金支給申請書

(利用承認の際にお送りする書類)
・ 様式2 「ひょうごツーリズムバス」利用承認書
・ 様式3-2 「ひょうごツーリズムバス」利用実績報告書(B)
・ 様式4 「ひょうごツーリズムバス」助成金支給申請書

[3] ツアー実施までに準備していただくこと

申請内容を審査の上、条件を満たすものに対して、利用承認書を発送し、助成限度額を通知いたします。

(A)

(B)

  • 承認された旅行が中止、もしくは助成対象外(10人以下の実施)になった場合は、「ひょうごツーリズムバス」 利用承認書下段に、その旨記入の上、出発前に当協会にFAXをお願いします。
  • クーポンを利用する場合には、コピーを作成しておいてください。(実績報告時に必要になります。)
  • 承認された旅行が中止、もしくは助成対象外(10人以下の実施)になった場合は、「ひょうごツーリズムバス」 利用承認書下段に、その旨記入の上、出発前に当協会にFAXをお願いします。
  • 対象施設で立寄り証明印の押印を受けるため、旅行実施時は実績報告書を持参してください。(宿泊旅行のみ)
  • クーポンを利用する場合には、コピーを作成しておいてください。(実績報告時に必要になります。)

※悪天候などにより行程を変更した場合でも、助成要件を満たさなくなった場合には助成金をお支払いすることはできません。

[4] 実績報告及び助成金の請求

旅行帰着日から1ヶ月以内に、以下の様式及び添付書類全て揃えて郵送にて請求してください。
1ヶ月以内に提出のない場合は、無断キャンセルとみなし利用承認を取り消します。

(A)

(B)

  • 様式3-1 「ひょうごツーリズムバス」利用実績報告書(A)
  • バス請求書(写)等バスの運行を証明できるもの
  • 県内の宿泊施設、食事施設(日帰りの場合)、 又は有料ジオパークガイドでの利用が確認できる書類(写)。(領収書又はクーポンのコピー)
    利用日とそれぞれの利用人数(ガイド等を除く参加者のみ)がわかるもの
  • 有料観光施設、食事(宿泊の場合)、又は有料ジオパークガイドのクーポン(写)又は領収書(写)
    ※日付・人数がわかるもの
  • 様式4 「ひょうごツーリズムバス」助成金支給申請書
  • 旅行行程表(1部)
  • 様式3-2 「ひょうごツーリズムバス」利用実績報告書(B)
  • バス請求書(写)等バスの運行を証明できるもの
  • 県内の宿泊施設、食事施設(日帰りの場合)、又は有料ジオパークガイドでの利用が確認できる書類(写)。(領収書又はクーポンのコピー)
    利用日とそれぞれの利用人数(ガイド等を除く参加者のみ)がわかるもの
  • 有料観光施設、食事(宿泊の場合)、又は有料ジオパークガイドのクーポン(写)又は領収書(写)
    ※日付・人数がわかるもの
  • 様式4 「ひょうごツーリズムバス」助成金支給申請書
  • 旅行行程表(1部)
    ※宿泊旅行の場合に、立寄り証明印がない場合は、補足資料としてクーポンのコピー、領収書、 もしくはスナップ写真(施設と数名の参加者が映ったもの)を添付

[5] 支払

・ 実績報告の書類を確認し、不備等の問題がなければ助成金をお支払いします。
・ 支払い時期
 4月〜8月実施分―――― 9月末以降になります。ご了承ください。
 9月〜翌年3月実施分――― 月末までに受理し、不備のないものは翌月末支払

8 注意事項

[1] 不正行為(虚偽報告)等について

不正行為があった場合には、補助金交付要綱に基づき補助金を返還いただくほか、 事実が判明した年度と翌年度、当該申請者の全ての「ひょうごツーリズムバス」の取扱いを停止させていただきます。

[2] 振込手数料の申請者によるご負担

助成金のお支払いは、ご指定いただく口座(日本国内の口座に限ります)への振込により行いますが、 その際の振込手数料は申請者のご負担とさせていただきます。 当協会の取引金融機関所定の振込手数料を差し引いた金額を送金することになりますので、 あらかじめご承知のうえで、ご申請ください。


【お問い合わせ・お申し込み先】

〒650-8567 神戸市中央区下山手通5-10-1 兵庫県庁1号館7階
(公社)ひょうごツーリズム協会 ツーリズムバス(国内)受付係
電 話:078-361-7661 / FAX:078-361-7662

お問い合わせ
このページのtopへ