ホーム > エリア情報 > 播磨西部エリア > 鉄の播磨コース

刀、鉄砲づくりには欠かせない、播磨で学ぼう鉄の旅
実施可能曜日:月・火・木・金曜日
   
  高見國一鍛刀場  
    鍛錬等主に火を用いる仕事場と、刀を研磨し仕上げる仕上げ場があります。高見國一日本刀鍛刀場では鍛冶場見学ができ、日本刀の話を聞くことができます。

見学時間■10:00〜15:00(12:00〜13:00除く) ※要予約

高見國一鍛刀場>>詳しくはコチラ!
 
   
   
  平福の街並み  
    慶長・元和年間(1596年〜1623年)に現在の町並みが形成され、その後、因幡街道随一の宿場町となりました。街道に沿う町並みは、昔ながらの姿で、南北に1.2キロほど続いています。連子窓、格子戸の平入りの家々、佐用川の石垣に並ぶ白壁の川屋敷、川座敷、土蔵群は平福ならではの景観があります。鋳物業吹屋跡では地元ガイドに同行を依頼すれば、町屋の特徴を備えた家屋の内部を見学できます。また、宮本武蔵初決闘の場もあります。  
   
   
  たたらの里学習館  
    宍粟市千種町は「播磨風土記」にも記載されている製鉄の地。学習館では、たたら製鉄の歴史や行程を、模型等で紹介している他、「千種鉄」を供給し続けた天児屋鉄山跡があり、石垣で区画された広大な遺跡を見ることができます。施設及び天児屋鉄山跡の見学ができます。

入館料 大人200円、学生150円、子供100円
開館時間■9:00〜17:00
4月1日〜11月30日の水曜休館、12月1日〜3月31日休館

たたらの里学習館>>詳しくはコチラ!
 
 
より大きな地図で 鉄の播磨コース を表示
 
   
    *道の駅「宿場町ひらふく」
詳しくはコチラ!
*こうづきふれあい特産物直売所
詳しくはコチラ!
*道の駅「播磨いちのみや」
詳しくはコチラ!
*ひまわり館
*笹ヶ丘荘
   
    道の駅 「いちのみや」