ホーム  >  エリア情報 > 播磨西部エリア > ふるさと百景  >  原不動滝(宍粟市)



紅葉の名所に轟く名瀑
原不動滝は宍粟市波賀町原にある落差88mを誇る滝で、名瀑の宝庫である氷ノ山後山那岐山国定公園を代表する名瀑です。この落差88mを3段に分かれて落下する男滝と、その左脇に男滝の最下段部の滝壺で合流する女滝があります。滝の周囲は公園となっていて、原不動滝森林公園の名称で「ひょうごの森百選」に定められており、モミの針葉樹やブナ・モミジなどの落葉樹などの原生林で、11月上旬から中旬には紅葉の名所にもなっています。

宍粟市波賀町原
詳しくはこちら:
西播磨観光協議会  しそう観光協会

※緑の文明学会、グリーンルネッサンス、緑の地球防衛基金 1999年「日本の滝百選」


より大きな地図で 原不動滝 を表示