ホーム  >  エリア情報 > 阪神エリア > ふるさと百景  >  寺町ぶらり探訪(尼崎市)

 



寺町のまち並み

 

都会のまっただ中に寺院が軒を連ねた寺町
元和3年(1617)に大名戸田氏鉄が、尼崎城の築城に取りかかり、城下町を建設するにあたって散在していた寺院を城の西にあたる現在の場所に集めて寺町をつくりました。寺町の区画は当時からほとんど変化なく、現在39ヘクタールの区域に11寺院が集中しています。1989年(平成元年)に尼崎市の「都市美形成地域」(歴史上特長のある地域として保存すべき地域)に指定されました。
江戸時代、尼崎は城下町として栄えていました。尼崎城は今の大津から5万石の尼崎藩主となった譜代大名戸田氏鉄(とだうじかね)によって建てられました。外様大名の多い西国や山陽道を守るため大阪の西を固める重要な拠点として、城内の総面積約13万平方メートルの広さに、4重の天守閣を持つ本格的な近世城郭を築城させました。新城の建築と共に進められたのが城下町、寺町の整備でした。現在は11か寺が軒を連ね、国指定の重要文化財、7件をはじめ、県、市指定の文化財も多く残されています。

 

 

 

阪神尼崎駅をおりて南に100メートルほど歩くと、住宅が密集する都会の風景の中に寺院が軒を連ねる寺町が現れます。立派な門構え、本堂、三重塔など、どこか違う時代にタイムスリップした気分。わずか1キロメートルの間に11の寺が密集しています。歴史に名を残す武将たちとゆかりの深い寺が目の前に・・・。
尼崎で唯一の曹洞宗の寺院「全昌寺」。戸田家の菩提寺として現在の滋賀県大津市に建立されましたが、元和3年(1617)戸田氏鉄(とだうじかね)が尼崎藩主として尼崎へ所替えのとき、この地に再興されたものだそうです。隣の「本興寺」は法華宗四大本山の一つで、応永27年(1420)日隆上人の開基した寺院。開山堂・三光堂・方丈は室町・桃山時代のすぐれた建造物として国の重要文化財に指定されています。


開山堂(国の重要文化財)

 



善通寺

 

 

 



赤レンガの通りの寺町

 

太閣秀吉ゆかりの寺「広徳寺」は、天正10年(1582)秀吉が、明智光秀を追討するため、京都山崎へ向う途中、尼崎に着き、伏兵を避けるため逃げこんだ話が伝わっています。その時、敵に囲まれた秀吉は、急いで髪をそり落とし僧に化け、寺の僧と一緒に台所で味噌をすり、負っ手の目を欺いたそうです。そのすり鉢とすりこ木が今も広徳寺に残っているとか。
「法園寺」には織田信長に仕え、猛将として名を馳せた佐々木成政の墓碑や肖像画があります。山門の内に桐、外には菊の紋があり、由緒ある寺院を偲ばせています。覚阿上人の開基と伝えられる「善通寺」は秦武文(はたのたけふみ、右衛門府の下官)の碑が建てられています。「後醍醐天皇」の皇子、「尊良親王」は土佐国(とさこく:高知県)の幡多(はた)郡へ配流されたとき、秦武文がお供をしました。妃を土佐に迎える途中尼崎で海賊のために奪われ、ついに自決した南朝方の忠臣悲話(太平記、「金ヶ崎恋物語」)が伝えられています。境内八角堂には首無し地蔵が祀られて信仰を集めています。

赤レンガの通りは寺町の中でも特に気に入っています。落ち着いた雰囲気と寺院のどっしりとした瓦屋根が映え、独特の風情を醸し出しています。歴史探索をしながら、ぜひこの風情も楽しんでください。

 


 
(問)尼崎市 TEL 06-6489-6880