1. ホーム
  2. 観光スポット情報

観光スポット情報

  • 歴史・文化
  • 柿本神社
  • 明石市

 

柿本神社は通称人丸神社とも呼ばれ、万葉の代表的歌人である柿本人麻呂を祭神とする神社です。学問・防火・安産の神として崇敬されています。1617(元和3)年、小笠原忠真が明石城を築城する際、現在地に移転しました。1723(享保8)年には正一位の神階と「柿本大明神」の神号を宣下され、皇室や歴代の明石城主の崇敬を集めました。そのためか、江戸時代の神社仏閣番付では行事役として別格の扱いを受けています。
 明石海峡に臨む高台という非常に景色のよい場所にあるが、今は眼前に天文台の建物が建っています。

営業時間 神社は終日参拝可能
お守授与・祈願受付は9:00〜16:30
料金 なし 
駐車場 あり 40台駐車スペース有り
公共交通機関 山陽電車「人丸前駅」下車、北へ徒歩5分
JR「明石駅」下車、徒歩15分、車で5分
車でのアクセス 第2神明道路「大蔵谷IC」より、南へ1.5km
国道2号線「人丸前」交差点、北へ500m
バリアフリー情報 盲導・介助犬
障害者用トイレ
場所 〒673-0877
明石市人丸町1-26
お問い合わせ 柿本神社
TEL 078-911-3930
FAX 078-911-3954
HP http://www.kakinomoto-jinja.or.jp/
写真