1. ホーム
  2. 観光スポット情報

観光スポット情報

  • 歴史・文化
  • 鶴林寺
  • 加古川市

 

聖徳太子が仏教を広めるための道場として建立したといわれる「播磨の法隆寺」。「四天王寺聖霊院」と称したのが始まりとされています。平安時代の壁画が見つかった県下最古の木造建築物、国宝「太子堂」や、泥棒が盗み出し壊そうとしたら「アイタタ」という声が聞こえてきたため、改心したと伝えられている国重要文化財「銅造聖観音立像」など、多くの平安・室町時代の国宝・重要文化財の建築物や仏像、工芸品が残されています。

 

営業時間 9:00〜17:00(入山16:30まで)
料金 あり 入山料 大人500円、小中学生200円
宝物館入館料 大人500円、小中学生200円
入山・宝物館セット割引料金 大人800円、市民割引、ファミリー割引、団体割引ほか各種特典あり
詳しくはHP参照
駐車場 あり 参拝者専用ではなく、鶴林寺公園利用者と共用
公共交通機関 JR「加古川駅」よりかこバス「鶴林寺」下車、徒歩すぐ
・山陽電鉄 「尾上の松」より徒歩約15分
車でのアクセス 山陽自動車道「三木小野IC」より約48分
加古川バイパス「加古川IC」より約13分
バリアフリー情報 障害者用駐車場
貸出車椅子
盲導・介助犬
障害者用トイレ
※隣接する公園に1ヶ所
場所 〒675-0031
加古川市加古川町北在家424
お問い合わせ 鶴林寺
TEL 079-454-7053
HP http://www.kakurinji.or.jp/
写真
写真