1. ホーム
  2. 観光スポット情報

観光スポット情報

  • 学び・体験
  • 名産・特産品・食
  • 紙匠庵でんでん
  • 多可町

 

1300年の歴史と伝統を守り、かっては日本一とうたわれた天下の名紙”杉原紙”は大正時代末期に途絶えて発祥の不確かな「幻の紙」と呼ばれるようになってしまいました。しかし昭和15年に新村出・寿岳文章(いずれも故人)の両学者により杉原紙の発祥の地は播磨の国、杉原谷と報告されました。現在では町立杉原紙研究所で本格的に再興にのりだしています。そしてこの杉原紙は昭和58年には兵庫県重要文化財、平成5年には兵庫県伝統工芸に指定されています。杉原紙同好会はこの大切な文化財である和紙を使って人形ができないかと昭和60年より活動をはじめました。現在では楮の芯の利用も加わり、会員の創意工夫で色々な人形作りに励んでおり多可町の特産品の一つともなっております。でんでんとは?このような製作人形を展示・販売している店舗であり伝統を後世に伝えると言う意味から伝伝(でんでん)と名付けられました。

営業時間 "10:00〜17:00
"
定休日 毎週水曜日(ただし、水曜日が祝日の場合は翌日)、年末年始
料金 なし "入館無料
体験有料"
駐車場 あり 無料
公共交通機関 JR加古川線「西脇市駅」から神姫バス「多可町加美区鳥羽上」又は「杉原紙研究所」下車。国道沿いにある道の駅「R427かみ」から杉原川を挟んで対岸にあります。
車でのアクセス 中国縦貫自動車道 滝野・社ICまたは加西ICより約60分。
場所 〒679-1322
多可町加美区鳥羽768-46
お問い合わせ 紙匠庵でんでん
TEL 0795-36-1104
FAX 0795-36-1104
HP http://www.kamitv.ne.jp/~denden/index.html
E-mail denden@kamitv.ne.jp