兵庫県指定観光名産品協会とは

  1. トップページ
  2. 兵庫県指定観光名産品協会とは

「ひょうごの観光土産品」推奨品をあなたのおてもとへ

昭和29年、お土産といえばアゲゾコなど少ない商品を大きく見せて販売する風潮が幅を利かせていました。そのことを実感した神戸市内の小学校校長は、学童の教育上の観点から好ましくないと「観光土産品のアゲゾコ追放」のノロシを上げ、それは全国運動にまで波及しました。

兵庫県では、いち早く兵庫県観光連盟[現 公益社団法人ひょうごツーリズム協会]が中心になり、従来の観光土産品のほか、県の名産品・特産品・民工芸品などを加え、品質向上のため観光土産品推奨制度を確立しました。

昭和32年4月、この推奨を受けた96社(当時)が、指定推奨品のプライドを保ちながら、品質の維持向上と研鑚を重ね、お客様に安心して買っていただける商品の普及発展に寄与し、ひいては観光(ツーリズム)の振興に資することを目的に「兵庫県指定観光名産品協会」を設立しました。

その後、活動のPR、研修会、全国各地での物産展など各事業を通じ、お客様と製造・販売業者との掛け橋となって活動を続けています。

このページの先頭へ