たびたび城たびin兵庫

みっちゃん、さっちゃん、おやじ犬のひょうご・お城発見!城たび魅力発見ブログ

TOP > みっちゃん、さっちゃん、おやじ犬のひょうご・お城発見!城たび魅力発見事務局ブログ

【モデルコース-八木城・朝倉城・楽々前城】冬山と温泉、あっちこっち

2014. 1.17 Fri.

おでかけ

※※縁起を担ぐ受験生は要注意!※※

お久しぶりです!みっちゃんです。
今は冬真っ盛りですね。

冬といえば……ウインタースポーツ!
一泊二日、二泊三日などで、お城めぐりと絡めてにスキー&スノボなんていかがですか~? 
ちなみにみっちゃんは小学校の行事にスキー教室があったよ(´`)

そんなわけで、今回は養父市・豊岡市のお城周辺スポットをご紹介。
このエリアは、車での移動がマスト!!!普段は公共交通機関派のアナタも、レンタカーを借りていこう!

朝倉城八木城は、ともに竹田城の北西に位置する養父市のお城だけど、どちらも国道9号沿いにあるし、周辺には便利なスポットも多いから楽しく遊べると思います。
……なに?まずはスキー?
それなら、国道9号に乗って、進路をひたすら西に取るのです!途中から県道87号に乗ると、東鉢スキー場ハチ高原スキー場氷ノ山国際スキー場のいずれかにはたどり着くので思う存分滑るがいい!
※受験生の方ごめんなさい。
このあたりは、自然も豊かですので、夏も楽しめますよ~。

……………………。
…………。
どうですか?スキーとスノボは思う存分楽しめましたか?
……え?寒くてしょうがないから温泉につかりたいって??
も~、しょうがないな~、わがままなんだから~(´Å`)
それでは、進路を八木城・朝倉城方向に取ってください!つまり、もと来た道を戻ります。
しばらく行くと、「関宮温泉 まんどの湯」があります。どうぞゆっくり浸かってください。
……おや?よく見たら近くに八木城があるから行きたいって?
どうぞどうぞ八木城の素晴らしい石垣を堪能してくださいな。ガチの山城だけどネ(。・∀・)ノ゛ 
近くには金剛力士像で有名な今滝寺もありますよ。

……………………。
…………。
お帰りなさい~。どうでした?
え?やっぱり疲れたからお風呂にもう一回入りたい?あと、ごはんも食べたいし、休憩したいですって?
も~、だから言ったじゃない! 
それじゃ、さらに東に戻りますね。
ほら、見えてきました?「道の駅 ようか但馬蔵」。そうそう、道の駅ですよ道の駅!ここでちょっと休憩しましょうね。ここのお食事処では、この地方の名産「八鹿豚」を使用したメニューが楽しめますよ。
ちなみに、私が訪れたときは、「第2回朝倉山椒A-1グランプリ」の最優秀賞「朝倉山椒と八鹿豚の角煮 ひつまぶし風」が供されてたよ!(現在はメニューにはないようです)
あっ、観光案内所もあるので、ここでしっかり観光情報をチェックしないとね!
そうそう、この道の駅には足湯もあるし、「足湯だけじゃ癒されないっぷー」という方は、裏手をちょっと上ると「とがやま温泉 天女の湯」があります~。

さてさて、お腹もいっぱいになったことだし、お城めぐり再開しますか?
ここから車でちょっと行くと、朝倉城に着きます。
ちなみに、前述の朝倉山椒というのは、この周辺で取れる山椒で、トゲがなく香りがいいのです。なんと江戸時代には徳川秀忠に献上された由緒のある山椒だそうです!
この山椒を使ったメニューのコンテストが「朝倉山椒A-1グランプリ」だそうで。

朝倉城を北上すると、つるぎが丘公園箕谷(みいだに)古墳群)があり、そこからさらに北には「天文館バルーンようか」がありますので、古墳や宇宙が好きな方は要チェックですね☆
箕谷古墳群のうちの2号墳から出土した副葬品は、国指定重要文化財になっているそうです。
実は兵庫県は古墳の数も日本最多……って、前に言いましたっけ?
奈良や大阪じゃないって驚きですよね。
(ちなみに、2位以下は千葉、鳥取、福岡、京都。意外なところばっかりだ……)
そういえば、ブロガーさんのレポートでも古墳が登場したことがありましたね。
う~ん、兵庫県は奥が深いなぁ。噛めば噛むほど味が出てくるスルメのような…。

ちなみに、ここからさらに東へ行くと「道の駅但馬楽座&やぶ温泉」「道の駅やぶ グリーンビレッジ」「フルーツの里やぶ」etc…があります。
養父市中心部の八鹿の街並みは、「うだつの街並み」と言って、特徴ある家屋が立ち並んでいます。
養父市の観光マップで興味があるところをしっかりチェックしておこう!

はぁ……養父市を堪能したねぇ……。
さ~て、帰るか!

……………………。
…………。

な、なにぃ~~!!!

まだ滑り足りないって?!
もう、ここを見ている受験生が泣いちゃうじゃないですか!
しょうがないな~。せっかくだから、ここから豊岡市に抜けて、神鍋高原のスキー場を目指しますよ!ここには、「奥神鍋スキー場」「万場スキー場」「アップかんなべスキー場」があるから、

飽きるまで滑るがいい!!

ちなみにスキー場の南東には楽々前城があります。
で、楽々前城とスキー場の間には、「植村直己冒険館&記念スポーツ公園」があります。
(冬のマッキンリーに消えた国民栄誉賞受賞冒険家・植村直己の出身地は豊岡市だそうです)
楽々前城については「スタッフレポート」のとおりなので……お城、スキー場、植村直己と、冒険の3コンボといったところですね♪(意味不明)

さてさて、では、楽しんだところで帰……え?また温泉に入りたい?
もう、付き合いきれないよ!
あとは一人で北上して城崎温泉にでも行っておいで!!

2014年1月17日 投稿:みっちゃん

ニックネーム
(50文字まで)
コメント
(700文字まで)

※事務局が承認するまで反映に時間がかかる場合がございます。
※機種依存文字等での入力はエラーとなります。

投稿する

ページトップへ戻る