たびたび城たびin兵庫

黒田官兵衛ゆかりのお城

TOP > 黒田官兵衛ゆかりのお城

黒田官兵衛とは?
黒田官兵衛とは?

【官兵衛紹介文】

黒田官兵衛(1546~1604)

「運が開きました。天下が取れますぞ」
本能寺の変で織田信長が自害し、秀吉ら信長の部下たちが慌てふためく中、官兵衛は秀吉にこう囁いたと言われています。そして、秀吉が官兵衛の言うとおり天下人となったことは、皆さんもよくご存じでしょう。この、黒田官兵衛は、どのような人だったのでしょうか。
「守るばかりの毛利より、攻め続ける織田へ!」
天文15年(1546)に小寺(黒田)職隆(もとたか)の嫡男として姫路で生まれた黒田官兵衛孝高(よしたか)は、豊臣秀吉のもとで辣腕をふるった軍師です。元服する前からその優秀さを認められ主君の小寺政職(まさもと)に近習(きんじゅう)として仕えました。
そんな官兵衛の転機は、天正3年(1575)のこと。当時、播磨は織田方と毛利方に挟まれた緩衝地帯でした。どちらにつくか悩む主君政職に対し、官兵衛は織田信長へつくよう進言したのです。
「心の慰めは、藤の花」
自らの居城姫路城の重要性を見抜いていた官兵衛は、惜しげもなく秀吉に城を譲り渡します。そんな官兵衛の説得で、播磨の武将たちは次々と織田の味方になりました。ところが、天正6年(1578)三木の別所氏らが毛利に寝返ってしまいます。そのうちの一人、荒木村重を説得しようと、単身有岡城(伊丹市)に向かった官兵衛。ところが、逆に捕えられ幽閉されてしまうのです。失意の官兵衛を慰めたのは、牢屋の隙間からわずかに見える藤の花だったといわれています。一年後、ようやく、官兵衛は部下たちによって救出されます。官兵衛は過酷な幽閉生活を信念で耐えきりましたが、救出時には足腰が弱っていましたので有馬温泉に湯治に行きました。
「これぞ中国大返し(おおがえし)!」
秀吉の元へ戻ってきた官兵衛。その変わり果てた姿に、秀吉は泣いて詫びたと言います。ですが、官兵衛の頭脳はますます冴えわたっていました。三木城攻略のために「三木の干殺し」と呼ばれる兵糧攻めを建策したのは官兵衛だといわれています。以後、秀吉は、様々な戦でこの兵糧攻めを用いています。兵糧攻めは現代人からすると非情なものに思えますが、味方の戦力の消耗を最小限に抑える効率的な兵法だったのです。
官兵衛の活躍は播磨地方だけではおさまりません。生野銀山を押さえるための竹田城(但馬地方)攻め、これは、官兵衛が最初に進言したといわれています。また、毛利氏と結んだ安宅氏(あたぎし)を攻めるための淡路及び阿波攻略、ここでも、官兵衛は戦略をめぐらし、秀吉を助けました。
そして…、本能寺の変後、秀吉とともに「中国大返し」を決行。速やかに毛利氏と講和し、主君の仇明智光秀を討つため京に向けてわずか10日間で全軍を大移動させました。こうして、秀吉は、天下人への道を猛進していくのです。
「天下を獲るより平穏な生活を」
秀吉の死後に起こった関ヶ原の戦い。官兵衛の息子長政(ながまさ)は、東軍の徳川家康側で大活躍、戦いはたった一日で終わってしまいます。その頃、官兵衛は九州の大半を制圧しましたが、その知らせを聞き、勝者家康に服従します。以後、穏やかな生活を好み、近所の子供たちを隠居所の庭で遊ばせていたといいます。引き際を知っていたからこそ、黒田家は福岡藩主として代々栄え続けたのです。
  • 黒田官兵衛の生い立ち
  • 黒田二十四騎
  • ひめじ官兵衛プロジェクト

官兵衛ゆかりのお城一覧

神戸・阪神地域

  • 有岡城
    有岡城伊丹市
    官兵衛が幽閉された荒木村重の城。有岡城の戦いの際、官兵衛は村重を翻意させるため単身有岡城に乗り込みましたが、成功せず逆に幽閉されてしまいます。1年後、有岡城は落城し、官兵衛は家臣の栗山利安らによって救出されました。
    「城たび100選」でお城の詳細を見る
  • 湯山館
    湯山館(太閤の湯殿館)神戸市
    湯山館(太閤の湯殿館)は、秀吉が有馬に逗留する際の館で、有馬温泉の中にあります。官兵衛が有岡城主・荒木村重によって1年間幽閉され、救出されたときには手足が萎えて動けなかったのを、有馬温泉での湯治によって回復しました。
    「城たび100選」でお城の詳細を見る
  • 花隈城
    花隈城神戸市
    三木合戦のとき、反織田勢力(毛利軍)がここに食料を陸揚げし、淡河城を経て三木城に運び込んでいました。有岡城の戦いで有岡城を失い尼崎城も追われた荒木村重が逃げ込んだ摂津最後の城です。
    「城たび100選」でお城の詳細を見る
  • 枝吉城
    枝吉城神戸市
    官兵衛の母・明石氏の出身地。明石氏は歌人明石正風の娘。雅な女性で、官兵衛に大きな影響を与えましたが、彼が14歳の時に死去。このため一時期、官兵衛は文学に耽溺していたといわれています。
    「城たび100選」でお城の詳細を見る

播磨地域

  • 姫路城
    姫路城姫路市
    『黒田家譜』によると、官兵衛は天文15年(1546)に姫路城で誕生しました(ただし、現在の姫路城は関ヶ原の戦いの後に築かれたもの)。最初の姫路城はおそらく永禄4年(1561)に官兵衛の祖父重隆と父職隆(もとたか)が姫山に築いた新城だと思われます。
    「城たび100選」でお城の詳細を見る
  • 御着城
    御着城姫路市
    赤松氏の一族で西播磨最大の国人領主だった小寺政隆が築いた城。官兵衛は政隆(まさたか)の子小寺政職(まさもと)にその才能を認められ、家督を継ぐまで御着城で政職の近習として仕えました。母明石氏、祖父重隆の五輪塔があります。
    「城たび100選」でお城の詳細を見る
  • 妻鹿城
    妻鹿城姫路市
    官兵衛の父職隆が築いた立地の非常に良い城。秀吉に姫路城を譲り渡した官兵衛は職隆とともにこの城に移りました。官兵衛の祖父重隆の妻が当地の名門妻鹿氏の出身で、黒田氏と妻鹿との結びつきは強いものでした。
    「城たび100選」でお城の詳細を見る
  • 英賀城
    英賀城姫路市
    英賀合戦の舞台。石山本願寺と結ぶ英賀御房とつながりの強い英賀城主の三木氏および配下の者・領民(英賀衆)が織田信長に敵対したため、秀吉によって落城。この戦いにおいて官兵衛は、毛利・三木連合軍の侵攻を500の兵で退けたといわれています。
    「城たび100選」でお城の詳細を見る
  • 志方城
    志方城(観音寺)加古川市
    櫛橋伊定の居城で官兵衛の妻・光(てる)の実家。光は小寺政職の姪にあたります。伊定が三木城の別所方についたため、天正6年(1578)に織田信忠軍に降伏し開城しました。現在、本丸跡には観音寺が建っています。
    「城たび100選」でお城の詳細を見る
  • 加古川城
    加古川城跡(称名寺)加古川市
    加古川城で加古川評定(信長軍と毛利軍が戦うきっかけとなった会議)が行われました。また、糟谷(内善正)武則(12代加古川城主)は、黒田官兵衛の推挙により豊臣秀吉に仕え、三木合戦においては箕谷ノ上付城(三谷ノ上付城)に布陣して活躍したとされています。
    「城たび100選」でお城の詳細を見る
  • 黒田城
    黒田城西脇市
    黒田家発祥の地といわれています。黒田城の築城時期の詳細は不明ですが、黒田重勝が居城していたとされています。この黒田氏の後の一族が黒田官兵衛だという説があります。
    「城たび100選」でお城の詳細を見る
  • 三木城
    三木城三木市
    竹中半兵衛と黒田官兵衛が共に三木合戦に参加。官兵衛はこの戦いにおいて先陣を務めたと言われています。この戦いにおける官兵衛の動向の詳しい史料は残されておらず、この間官兵衛自身は1年にわたって伊丹有岡城に幽閉されていましたが、采配を振るったのは確かなようです。
    「城たび100選」でお城の詳細を見る
  • 平井山ノ上付城
    平井山ノ上付城三木市
    三木城攻めの際、ここに官兵衛が詰めた可能性があります。また、官兵衛とともに秀吉の軍師であった竹中半兵衛はここで陣没しており、付近に彼の墓があります。半兵衛は官兵衛の有岡城幽閉中、信長の人質だった官兵衛の嫡男・長政を領国の岐阜にひそかに匿っていました。
    「城たび100選」でお城の詳細を見る
  • 高木大塚城
    高木大塚城三木市
    三木城を兵糧攻めにするため築かれた30余りの付城の一つで、絵図「三木城地図」に描かれています。これにより、三木城への兵糧搬入や援軍は遮断されました(三木の干殺し)この兵糧攻めを建策したのは官兵衛だといわれています。
    「城たび100選」でお城の詳細を見る
  • 篠ノ丸城
    篠ノ丸城宍粟市
    三木城を陥落させた秀吉が蜂須賀彦右衛門を派遣して攻め落とした城。官兵衛も戦いに参加し、その功績により揖東郡などで1万石を与えられ、後に宍粟郡5万石を与えられてこの城を居城にしました。本丸跡に碑が立ち、二の郭、三の郭跡、空堀や土塁の跡が残ります。
    「城たび100選」でお城の詳細を見る
  • 長水山城
    長水山城宍粟市
    当時の城主宇野祐清は、美作へ逃れようとしたが千種で秀吉配下の蜂須賀彦右衛門軍に追いつかれ討死します。祐清の遺児が後に黒田家に仕官しており、黒田・宇野の両家が恩讐を超えた関係を結んでいました。
    「城たび100選」でお城の詳細を見る
  • 阿閇城
    阿閇城播磨町
    毛利水軍が阿閇城へと迫ったとき、官兵衛は兵500で毛利勢を撃退しました。この戦報は信長にも届き、この時の信長の感状の内容が『黒田家譜』に残されています。
    「城たび100選」でお城の詳細を見る
  • 上月城
    上月城佐用町
    福原城陥落のあとで秀吉軍が攻め落とした城。天正年間にわずか半年余りで2度の落城という悲劇に見舞われました。そのいずれにも官兵衛が深くかかわっているといいます。
    「城たび100選」でお城の詳細を見る
  • 福原城
    福原城佐用町
    黒田官兵衛と竹中半兵衛とが攻め落とした城。彼らに率いられた三千余騎の軍勢が福原城を包囲、天正5年(1577)福原城は落城します。この時、先陣を務めた官兵衛は、『孫子』の兵法を用いたといわれています。
    「城たび100選」でお城の詳細を見る

但馬地域

  • 竹田城
    竹田城朝来市
    秀吉の参謀となったあと、官兵衛は秀吉に従い、生野銀山を管轄する太田垣景近(おおたがきかげちか)の居城であるこの城を攻めました。軍師に官兵衛を擁し、着々と播磨平定をすすめつつあった秀吉にとって、但馬国侵略は北の毛利氏をけん制する重要な布石。とりわけ竹田城は、播磨に通じる要所でした。
    「城たび100選」でお城の詳細を見る

淡路地域

  • 洲本城
    洲本城洲本市
    黒田官兵衛は、羽柴秀吉から淡路及び阿波攻略を命じられ、毛利氏と結んだとされる洲本城、由良城を拠点とする安宅氏攻めに加わり、これを攻め落としました。このとき、官兵衛が安宅河内守(あたぎかわちのかみ)を討ち取ったとされる刀が現在まで伝わる備前長船祐定作「名物 安宅切り」(重要文化財)です。
    「城たび100選」でお城の詳細を見る
  • 志知城
    志知城南あわじ市
    秀吉の淡路攻略の際、降伏・開城しました。「黒田家文書」によると、この時官兵衛が"志ちの城"に入って戦略をめぐらした、とあります。おそらくこれは、調略、降伏交渉、根回しの類だったと思われます。その後、秀吉は官兵衛を志知城に置いて四国攻めを指揮させました。
    「城たび100選」でお城の詳細を見る

ページトップへ戻る