たびたび城たびin兵庫

TOP > いざ!兵庫のおすすめ城たび100選 > 丹波エリア > 高見城 [丹波市]

丹波

高見城 [丹波市]

(たかみじょう)
周囲を完全に見下ろす山城

概要

歴史・背景

高見城は嘉暦二年(1327)丹波国守護職にあった仁木頼章が築いたもので、本丸は高見山の山頂にあります。
室町時代の後期には赤井家清が城主となったが、天正七年(1579)織田信長の命を受けた明智光秀の兵火によって落城しました。

◆亀井戸
高見城の水源として掘られたものと伝えられ、わずかにその痕跡を残しています。この井戸をめぐって次のような伝承歌があります。
「山の裾から18町
朝日輝き 夕日さしこむ
三葉柳の露の下
一丈五尺の井戸の底 黄金の束が7、8つ」

『高見城跡案内板』より

このお城ののみどころ

高見城の登城道は現在東側の大新屋口、北側の鴨野口、西側の佐野口などがあります。私は東側のキャンプ地からあがっていきます。
さて登城道はなかなか急なところもありますが、整備されていますので安心です。標高485メートルの城山からの眺望は素晴らしいですから休憩しながら登ってください。
やがて一つの案内板に遭遇します。近づいてみますと亀井戸とあります。高見城が井戸として使っていた跡のようですが、今は完全に埋まっています。
ここの一番の楽しみは周囲を完全に見下ろすことができる眺望でしょう。



本岡氏の詳しい訪問コメントはこちら
http://www.siromegu.com/castle/hyogo/takami/takami.htm


※この情報は2014年3月現在の情報です。

スポット案内

基本情報

所在地 兵庫県丹波市柏原町大新屋133
電話番号 0795-70-0819
休業日 なし
交通アクセス 舞鶴若狭自動車道 春日インターより約15分、篠山インターより約30分
駐車場情報 隣接する「丹波悠遊の森」に駐車場あり
備考 なし


大きな地図で見る

お城選択画面に戻る

ページトップへ戻る