たびたび城たびin兵庫

TOP > いざ!兵庫のおすすめ城たび100選 > 播磨エリア > 上月城 [佐用町]

播磨

上月城 [佐用町]

(こうづきじょう)
【官兵衛ゆかりの地】毛利軍と織田軍との激戦の舞台

概要

歴史・背景

【官兵衛とのかかわり】 福原城陥落のあとで秀吉軍が攻め落とした城です。天正年間にわずか半年余りで2度の落城という悲劇に見舞われました。そのいずれにも官兵衛が深くかかわっているといいます。

----------------------------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------------------------

上月城は、鎌倉時代末期(1300年代)に宇野播磨守太田入道山田則景の息、上月次郎景盛が、太平山(樫山)に初めて築いたと伝えられています。
上月氏は景盛、盛忠、善景、景満と続きますが、そのいずれかの時、本城を谷を隔てた南の荒神山に移しており、之が現在の上月城跡で、中世山城の様態をよく残しています。

嘉吉の乱(1441年)で赤松氏は没落し、播磨は山名氏の支配する所となりましたが、長禄の挙(1458年)によって赤松政則が播磨を回復するも、山名、赤松、尼子等が攻防を繰返し、弘治2年(1555年)赤松政則の孫右京太夫赤松政之が置塩城より上月城に入り、その子赤松蔵人大輔政範は西播磨5郡16万石を領し西播磨殿と呼ばれていました。

天正5年(1577年)織田信長は毛利氏攻めの為、羽柴秀吉を総大将として播磨に入り、毛利に与した佐用の福原城を黒田官兵衛・竹中半兵衛の活躍により攻略し、高倉山に本陣を置き1万5千の軍勢で上月城を包囲し、救援に馳せつけた宇喜多直家の軍を退け、12月3日遂に上月城は落城、政範は自決して果てました。秀吉は城中将士の首を悉くはねた上、見せしめの為、城中の女子供200人以上を磔と串刺しにして、備前美作播磨の国境附近にさらしました。今も地獄谷の名が伝わっています。
秀吉はこの後を尼子勝久、山中鹿之介に守らしめたが宇喜多勢に攻められ撤退し、宇喜多は之を上月十郎景貞に守らせましたが再び秀吉軍により落城、景貞は敗退中櫛田の山中で自刃したと伝えられています。
再び尼子勝久、山中鹿之介は上月城に入りましたが、毛利軍は山陰、山陽の両道より3万の軍勢を以て、天正6年(1578年)4月18日、上月城を包囲しました。秀吉は急ぎ救援の為、高倉山に陣を進めたが、三木城攻略の為、6月26日高倉山より兵を引きました。子の為、上月城は孤立し遂に7月5日勝久は毛利氏に降伏し開城自刃しました。山中鹿之介は備中の毛利輝元の陣へ護送の途中、高梁川の合の渡しで斬殺され、その果敢な生涯を終えました。

上月城はその後、廃城となり今日に至っています。文政8年(1825年)赤松氏落城の時の守将の末裔大谷義房が250回忌を営み慰霊碑を建立し山上に残されています。

『上月城跡案内板』より

このお城ののみどころ

登城道は綺麗に整備してあるので安心して登ることができます。
二の丸の奥の堀切を西側斜面へ降り、そこに広がる削平地のような横堀跡や、それと垂直に存在する3本の竪堀などを確認することができます。


本岡氏の詳しい訪問コメントはこちら
http://www.siromegu.com/castle/hyogo/koduki/koduki.htm


このお城を訪問したブロガー記事へのリンクはこちら(敬称略)
あかいらか長谷川

スタッフレポート

上月歴史資料館すぐ横に登山口があります。歴史資料館は、土日祝・月の10時~16時まで営業しています。ただ、休館日であっても駐車場は開放されていますので、上月城に行かれる際は利用できます。

「上月城跡歴史と自然の遊歩道」という全長7k約3時間コースというのが案内版にあったのですが、今回は、本丸までのコースをとりました。登山口から本丸まで約17分ぐらいです。

堀切・本丸跡・二の丸跡を確認し、利神城跡を案内板をたよりに探します。遠くに見える景色から城跡に思いを寄せる。なかなかいいですなぁ。利神城跡は今、「城郭の一部が破損していて危険な為、登山はご遠慮下さい」と佐用町が警告しているので、行きたいけど行けないんですよ。とても残念です。

また時間を見つけて、歴史資料館が営業している時に訪れたいと思います。その時は、全長7k約3時間コースにチャレンジしますよ~。

【お城と一緒にこんなプランはいかが?】
【モデルコース-福原城・上月城・利神城】城と巨木とコロッケと何か


※この情報は2014年3月現在の情報です。

スポット案内

基本情報

所在地 佐用郡佐用町上月
電話番号 0790-82-0670
休業日 なし
交通アクセス 中国自動車道「佐用」IC車20分/JR姫新線上月駅 徒歩15分(登山口まで)
駐車場情報 なし
備考 なし


大きな地図で見る

このお城について書かれているブロガーの方

長谷川ヨシテルさんプロフィール画像

長谷川ヨシテルさん
長谷川ヨシテルさん
2013年10月19日~2013年10月21日
歴史芸人・長谷川ヨシテルが黒田官兵衛ゆかりの城を巡る! 「大河ドラマ先駆けツアー」

お城選択画面に戻る

ページトップへ戻る