たびたび城たびin兵庫

TOP > いざ!兵庫のおすすめ城たび100選 > 播磨エリア > 志方城(観音寺) [加古川市]

播磨

志方城(観音寺) [加古川市]

(しかたじょう)
【官兵衛ゆかりの地】黒田官兵衛の妻、光姫の出身地

概要

歴史・背景

【官兵衛とのかかわり】 櫛橋伊定(くしはしこれさだ)の居城で官兵衛の妻・光(てる)の実家。光は小寺政職の姪にあたります。伊定が三木城の別所方についたため、天正6年(1578)に織田信忠軍に降伏し開城しました。現在、本丸跡には観音寺が建っています。

----------------------------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------------------------

志方城は市易城とも呼ばれ、城の規模は現在の当観音寺の境内を本丸とし、本丸を囲む内堀の周囲に二の丸(志方小学校所在のあたり)西の丸(旧志方町役場所在のあたり)とかなりの規模の城でした。
この城の城主、櫛橋家は藤原氏の末裔で伊朝を元祖とし代々赤松氏の家臣でした。伊朝より5代の孫、櫛橋左京亮則伊は、赤松政則に仕えて大いに重んじられ祖父の例にならって播備作3国の財産出納の役をつとめ文明13年(1481)志方・天神山に城を築き、明応元年(1492)この地に志方城を築きました。以来伊家、伊定と父子3代80年間続きましたが、天正7年7月16日の神吉城落城の直後、織田信忠軍により攻略され、同年8月10日羽柴秀吉が神吉城とともに、あとを請けとりました。

参考:『志方城跡案内板』

このお城ののみどころ

観音寺境内にある城跡。その南側にある門内に城跡を示す案内板があります。
黒田官兵衛の妻・光(てる)の出生地でもあり、朱塗合子形兜は彼女の実家櫛橋家から贈られたものです。



本岡氏の詳しい訪問コメントはこちら
http://www.siromegu.com/castle/hyogo/sikata/sikata.htm


このお城を訪問したブロガー記事へのリンクはこちら(敬称略)
りこ宮崎愛

スタッフレポート

ここが!てる姫殿のお生まれになった地じゃわい。

一夫多妻が一般的だった戦国時代において、官兵衛殿は
生涯を通して、てる姫殿ただひとりを愛したと言われちょる。

素晴らしい!

観音寺境内には、てる姫殿の記念撮影用のパネルがある。官兵衛殿のパネルがないのは寂しいのぉ。観音寺までのアクセスは車が便利ですぞ。駐車場もあるから安心できるわい。また、徒歩2分ほどの場所にある櫛橋家の墓も合わせて確認するとよいですぞ!

今日は、てる姫殿のパネルに顔をはめこんで記念撮影して帰るとするかの。
今日だけは、お姫様じゃぃ、しかたないじゃろ(笑)


※この情報は2014年3月現在の情報です。

スポット案内

基本情報

所在地 加古川市志方町志方町 観音寺
電話番号 079-452-2370
休業日 なし
交通アクセス 加古川駅前5番のりば 神姫バスで「志方西口」/宝殿駅北口から車で約10分
駐車場情報 あり
備考 トイレあり


大きな地図で見る

このお城について書かれているブロガーの方

森野 りこさんプロフィール画像

森野 りこさん
森野 りこさん
2013年9月12日~2013年9月13日
姫路~神河~加古川のお城めぐり旅

宮崎愛さんプロフィール画像

宮崎愛さん
宮崎愛さん
2013年11月26日~2013年11月28日
愛と一緒にあいたい兵庫!黒田官兵衛公ゆかりの地で、城攻めひとり旅♪

お城選択画面に戻る

ページトップへ戻る