たびたび城たびin兵庫

TOP > いざ!兵庫のおすすめ城たび100選 > 但馬エリア > 出石城 [豊岡市]

但馬

出石城 [豊岡市]

(いずしじょう)
一国一城制による但馬唯一の城

概要

歴史・背景

出石城は慶長九年(1604)に小出吉秀によって山頂の城を廃して築かれたもので一国一城制による但馬唯一の城です。
平山城に分類され梯郭式といわれるように有子山の麓に上から稲荷郭、本丸、二の丸、二の丸下の櫓、三の丸と梯子を立てかけたように城を築いています。また東には山里郭を設けて有事に備え、三の丸の周囲には山から堀り切りで水を引き、内堀をめぐらせ北に大手門、東西にもそれぞれ東門、西門を設け天守閣は築きませんでしたが隅櫓や多門を設けて要害としました。
城主は小出氏が九代、松平氏一代、仙石氏七代と続き、明治の版籍奉還まで二百七十年間、五万八千石の本城として、また但馬第一の雄藩として威容を誇りました。
最上壇の稲荷郭には城の鎮守稲荷神社を祠り本丸、二の丸には広大な御殿を建て渡り廊下で連結させていました。また本丸には仙石公の藩祖、仙石権兵衛秀久を祠る感応殿や、昭和四十三年に復元した東西隅櫓があり、往時の面影を偲ばせてくれます。

◆感応殿
この社殿は感応殿といい、出石藩主仙石氏の祖権兵衛秀久公をまつっています。公は美濃の人で、豊臣秀吉に仕えて功があり洲本、高松の城主となり一時勘気を受けて浪人しましたが、小田原攻めで奮戦し小諸城主に返り咲きました。その豪勇のほどは大盗賊石川五右衛門を捉えた豪傑として伝説化されています。仙石氏は、公のあと子の忠政が信州上田に移り玄孫政明が宝永三年(1706)に出石に移封されて五万八千石を領し以来、廃藩まで七代百六十三年間続きました。明治に入って旧家臣らによって本丸跡に公をまつる感応殿が建立され今日に至っています。以後町の人々は本丸を権兵衛さん、又は円覚さん(法名円覚院殿)と愛称をもって呼び、例祭は五月六日に行われています。
『出石城跡案内板』より

このお城ののみどころ

こじんまりとした中に落ち着いた雰囲気を醸し出しながらも賑わいもある、そんな町が出石です。
その中にある出石城は、復元櫓と高い石垣、そして城下町の雰囲気が色濃く残るトータルな魅力があり、訪れる人々の旅情を誘います。


本岡氏の詳しい訪問コメントはこちら
http://www.siromegu.com/castle/hyogo/izusi/izusi.htm

このお城を訪問したブロガー記事へのリンクはこちら(敬称略)
ももぶたJcastleしおぺぱ峰子(Fue)レイニー・ホワイトこゆきや藤南一乃ΨあやΨもんすけ夕里城ガールちょめ泉りょうリカそば打ちおじさんMarble

スタッフレポート

ドライブインいずしに車を停めて城跡を確認しました。


ドライブインいずしから城跡までは10分かからないほどの距離にあります。出石城下町街道を通り、出石城へと向かいます。城下町は観光客であふれ、出石皿そばが大人気。出石城を訪れた際は、1度は食べておきたいところです。

出石城は有子山の麓に築かれたお城ですので、出石城とセットで有子山城も確認できました。出石城には観光客が大勢集まるのですが、有子山城へと続く登山道には誰も行こうとしません。行こうとしないというよりかは、傾斜もひどく、かなり険しい道ですので、明確な目的を持っていない人は途中で引き返すという感じでした。有子山城へ向かう登山口の稲荷曲輪までは出石城から10分もあれば到着できます。


多くの人は、出石城の本丸・二の丸・三の丸と確認し、城下町へと流れます。
定番の出石皿そばを食べ笑顔に包まれる人達ばかりです。


そんな人達を横目に私は、稲荷曲輪より有子山城へと向かうことにしました。


※この情報は2014年3月現在の情報です。

スポット案内

基本情報

所在地 兵庫県豊岡市出石町内町
電話番号 0796-52-4806
休業日 無休
交通アクセス JR豊岡駅から全但バス出石行きで30分、バス停:出石営業所下車、徒歩5分/播但連絡道路和田山ICから国道312号経由35km1時間
駐車場情報 あり(有料)
備考 入場料:なし


大きな地図で見る

このお城について書かれているブロガーの方

プロフィール

しおぺぱさん
しおぺぱさん
2013年9月20日~2013年9月21日
ガチャピンせおって城あるき

レイニー・ホワイトさんプロフィール写真

レイニー・ホワイトさん
レイニー・ホワイトさん
2013年10月4日~2013年10月6日
但馬の城と歴史と自然に逢う旅

峰子さんプロフィール画像

峰子さん
峰子さん
2013年10月7日~2013年10月10日
但馬~丹波の城たび戦国トリップ★コウノトリ空港から行く旅行記

お城選択画面に戻る

ページトップへ戻る