たびたび城たびin兵庫

TOP > いざ!兵庫のおすすめ城たび100選 > 播磨エリア > 加古川城跡(称名寺) [加古川市]

播磨

加古川城跡(称名寺) [加古川市]

(かこがわじょうせき)
【官兵衛ゆかりの地】加古川評定が行われた地

概要

歴史・背景

【官兵衛とのかかわり】天正5年(1577)加古川城で加古川評定(信長軍と毛利軍が戦うきっかけとなった会議)が行われました。また、糟谷(内善正)武則(12代加古川城主)は、黒田官兵衛の推挙により豊臣秀吉に仕え、三木合戦においては箕谷ノ上付城(三谷ノ上付城)に布陣して活躍したとされています。

----------------------------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------------------------

真言宗の寺院で、本尊は阿弥陀如来です。寺の付近一帯は加古川城跡です。
天正5年(1577)太閤秀吉が糟屋の館へ立ち寄った折、当時の城主加須屋助右衛門は秀吉について小姓頭となり、賎ヶ岳七本槍(しちほんやり)で武名をあげました。
境内には地人が憐れんで建てた南北朝時代の7人の武者の七騎供養塔があります。
山門を入るといちょうの大木があり、今は刈り込まれていますが、このいちょうの木は昔から加古川の町の目印でした。

このお城ののみどころ

武士の忠義を今に伝える「七騎顕彰碑」
境内には、七騎顕彰碑と呼ばれる供養塔があります。
これは南北朝時代、出雲守塩冶高貞が加古川で追手に襲われた際、主君を守ろうとして奮死した従臣七名を供養するため建てられたものです。
後に塩冶高貞は、人形浄瑠璃等の代表的な演目「仮名手本忠臣蔵」に登場する塩冶判官のモデルとして取り上げられ、忠義話として紹介されました。

スタッフレポート

加古川城は三木城を囲む前に、織田信忠が高砂城、神吉城、志方城を攻めるための拠点にしていました。
そのときいっしょに出陣していたのが、信忠の弟の織田信雄、信孝兄弟に、信長の弟の織田信包、
それから細川藤孝、滝川一益、明智光秀、丹羽長秀、佐久間信盛といった重臣たち
ですから、北陸攻めで動けなかった柴田勝家を除く、織田軍のオールキャスト状態でした。
みんな加古川城を中心に集まっていたのですね。


※この情報は2014年3月現在の情報です。

スポット案内

基本情報

所在地 兵庫県加古川市加古川町本町313
電話番号 079-422-2262
休業日
交通アクセス JR神戸線「加古川駅」徒歩15分
駐車場情報 あり
備考


大きな地図で見る

お城選択画面に戻る

ページトップへ戻る