たびたび城たびin兵庫

TOP > いざ!兵庫のおすすめ城たび100選 > 淡路エリア > 洲本城 [洲本市]

淡路

洲本城 [洲本市]

(すもとじょう)
【官兵衛ゆかりの地】登り石垣を残す南海の要塞

概要

歴史・背景

【官兵衛とのかかわり】 秀吉から淡路及び阿波攻略を命じられ、毛利氏と結んだとされる安宅氏が拠点とする瀬戸内洋上の要、洲本城、由良城を攻め落としました。
このとき、官兵衛が安宅河内守(あたぎかわちのかみ)を討ち取ったとされる刀が現在まで伝わる備前長船祐定作「名物 安宅切り」(重要文化財)です。

----------------------------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------------------------

三熊山(高熊山)の山頂付近、北斜面及び北部山麓一帯に分布する城郭遺構地域で広さは278459.9平方メートル。
洲本城は、約五百年の歴史があり、城に関連した史実を年代順に見ると次のようになります。

永正年間 (1500年間初頭)由良、炬口に進出してきた、紀州熊野水軍の安宅一族が大阪湾付近の要として洲本城を築城し始めます。
天文五年(1536) 阿波国守護三好元長の三男、冬康、淡路安宅氏の養子となります。三好氏の上京作戦の布石となります。
天文二十三年(1554) 三好四兄弟(長慶、義賢、冬康、一存)洲本会議永録三年(1560) 三好兄弟、第二回洲本会議にて天下制圧の打ち合わせ。
永録七年(1564) 安宅冬康河内飯盛城で兄長慶に暗殺。
安宅信康・清康、洲本・由良城を守護。
天正九年十一月(1581)織田信長の命により秀吉、淡路を追討。
安宅清康、開城して信長を安土に訪れ帰国後病死し、これにより淡路安宅氏滅亡。

安宅氏時代の洲本城は土塁と堀により砦を守る中世山城なので、織田軍の鉄砲隊には対抗できませんでした。
天正十年(1582)四国の長宗我部氏畿内進出を計り、淡路土着の水軍の将菅平衛門に洲本城を占領させます。
六月、山崎の合戦に向かう秀吉は、武将の仙石権兵衛、石井与次兵衛を洲本に差し向け、洲本城を償還させます。
八月、仙石権兵衛秀久洲本城主となり、四国攻めの準備で洲本城を修築、水軍を強化し始めます。
天正十三年(1585)秀吉の四国攻めがはじまります。弟秀長、養子秀次が戦指揮をとりました。六月十八日、洲本城より出陣、福良渡海。
仙石秀久、讃岐で奮戦し、戦後高松城主となります。十一月、脇坂甚内安治(中務少輔)洲本城主となります。
洲本城の本格的な修築がはじまります。現在の遺構は殆どが脇坂氏在城中に修築したものです。
その間安治は水軍の将として、以下の通り従軍しています。
天正十五年(1587)九州攻め
天正十八年(1590)小田原攻め
文禄元年(1592)朝鮮の役(壬申倭乱)
慶長五年(1600)関ヶ原の戦いでは、東軍へ寝返り家康側で奮戦。
慶長十四年(1609)伊予大洲五万三千石に移封。

仙石、脇坂時代の洲本城は、大坂城を護り、秀吉が西南方へ進出する拠点の城として、また水軍の戦闘指揮処としての本格的築城の行われた時代です。
関ヶ原の戦い以降の家康にとっては、洲本城は不必要な城となりました。寧ろ廃城にすべき城でした。そこでこの城を長年腹心の藤堂高虎に預け、普請を中断放置させました。
慶長十六年(1610)姫路城の池田輝政に淡路を領知させ、輝政は3男忠雄の領地としました。忠雄は由良成山城を修築し、洲本城を廃城としました。
大阪夏の陣の後、蜂須賀氏が徳島に入城。淡路も同時に所領となり稲田氏を城代として運営されましたが、由良は淡路の東南隅にあり、土地も矮小で城下の経営も出来ないことを理由に、前年幕府に申請して移転を承認されました。移転作業は、寛永八年(1631)年から寛永十二年(1635年)にかけておこなわれました。こうして由良城は廃され、洲本城が再び本拠地となりました。この移転は城下町ごとの大移転であったため由良引け(ゆらびけ)と呼ばれています。
山上の城郭は使用せず、山裾に居館、石垣を設けて城郭としましたが、「お城」の呼称をせず「お居館」と呼ばせました。城下町は、洲本川・千草川の地形を利用し、本格的に縄張りされています。
この状態が明治五年(1872)の廃藩置県まで続きました。山頂付近、北斜面は公園地として洲本町へ払い下げられ、山麓の城地は裁判所、検察庁、拘置所、淡路文化資料館用地になっています。

参考:『洲本城跡案内板』

このお城ののみどころ

南の丸の高い石垣にまず圧倒されます。
東ニの門を過ぎ、武者溜をさらに東一の門を抜けてるとその斜面に遺構が広がっているのが確認できます。大きな竪堀もよく残っています。洲本城はこの東の丸から本丸天守台までの斜面の間に竪堀や登り石垣などの防御施設が施されています。
綺麗な階段を形成しているように段差が作られた登り石垣は洲本城の大きな見所の一つです。
本丸は北側に天守台がありますが、大天守台と小天守台の2つの天守台がつなぎ櫓台で結ばれている連結式天守の構造を持っています。その上には展望台があります。


本岡氏の詳しい訪問コメントはこちら
http://www.siromegu.com/castle/hyogo/sumoto/sumoto.htm

このお城を訪問したブロガー記事へのリンクはこちら(敬称略)
ちよはんはぴたんMottyももれもん。飲みニストりりか姉さんCHAMIJガールyume絵好くおやじwakudokiかおぴぃyouアリス/AliceTANIpapetto100播太郎

スタッフレポート

このお城からの洲本市内を見下ろす景色は絶景です。ただし、市街地からすぐ近くに見えますが、山頂にあり、登城道路が、洲本温泉側から少し大回りしなければならないので、見た感じより距離があります。
城跡ですが、三熊山公園として市民に親しまれている施設で、家族でお弁当という設定でもOKなところです。
天守は、オリジナルではありませんが、石垣は、しっかりと保存されており在りし日の姿を想像させます。
この見晴らしの良い城から、大坂に行きかう船を監視していたのでしょう。


※この情報は2014年3月現在の情報です。

スポット案内

基本情報

所在地 兵庫県洲本市小路谷(三熊山)
電話番号 0799-22-0742
休業日 なし
交通アクセス 高速バス・洲本バスセンター行き終点下車、徒歩約60分(上の城)、徒歩約20分(下の城) 洲本バスセンターから淡路交通・由良線 「由良福祉センター」行き路線バスで「公園前」下車(下の城)、徒歩約40分(上の城)
駐車場情報 無料駐車場あり
備考 【入場料】無料


大きな地図で見る

このお城について書かれているブロガーの方

ももれもん。さんプロフィール画像

ももれもん。さん
ももれもん。さん
2013年9月30日~2013年10月1日
兵庫県淡路島のお城☆無骨な石垣が情緒的な【洲本城】へ。

CHAMIさんプロフィール画像

CHAMIさん
CHAMIさん
2013年10月15日~2013年10月16日
洲本☆家族旅

wakudokiさんプロフィール画像

wakudokiさん
wakudokiさん
2013年10月12日~2013年10月13日
淡路の旅ドタバタレポート

お城選択画面に戻る

ページトップへ戻る