ひょうごの温泉トップページ > ひょうご七温泉地の魅力 > 塩田温泉
七温泉地の魅力 塩田温泉

兵庫県の南西部を流れる清流・夢前川の上流にある塩田温泉は、田園風景の広がるのどかな温泉郷。「姫路の奥座敷」として多くの人々に親しまれてきました。   古くから効能豊かで飲用可能な湯治湯として名高く、江戸時代には、丹波、但州、摂津、備前、四国地方から多くの湯治客が訪れていたと言われている歴史ある温泉です。  雪彦山を源とする夢前川と播磨の山々に抱かれた自然豊かな塩田温泉では 春は花見、夏は蛍と鮎、秋は紅葉、冬はボタン鍋の味覚と四季折々の自然が楽しめます。  そんな豊かな自然に加え、日本初の世界文化遺産・姫路城やサファリパークと遊園地が一体となった姫路セントラルパークなど、周辺には見どころもいっぱい。夫婦でのどかな温泉郷の風情を味わうも良し、家族やグループで自然に抱かれてレジャーを楽しむも良し、山里の風景と豊かな自然が魅力の塩田温泉に、ぜひ一度訪れてみてください。

塩田のお湯

塩田のお湯

■塩田温泉

泉質と効能について

泉質:塩化物・炭酸水素塩泉

効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、慢性皮膚病、慢性婦人病など。特に胃腸をはじめとした諸病に効く薬湯として名高いお湯です。

季節の楽しみ

季節の楽しみ

■夢前川の桜並木

四季折々の塩田の魅力

春の塩田は桜の季節。夢前川沿いの河原では数千本の桜が咲き競います。川面まで枝の張り出した桜並木の道は、まるで桜のトンネルを通り抜けているような錯覚を覚えます。新緑の鮮やかな播磨の山々を登ったり、森林浴やサイクリングを楽しむなど、塩田の夏は自然を満喫するレジャーが楽しい季節です。夢前川上流では鮎狩りやホタル鑑賞も楽しめます。秋は紅葉と収穫が楽しい季節。夢さき夢のさと農業公園では、赤く染まった山々を眺めながらの栗拾い、ゆめさき観光りんご園では関西では珍しいりんご狩りにも挑戦してみてください。冬になると播磨の山々は真っ白な雪に覆われます。雪化粧した山々を眺めながら、露天風呂で心も体もあたたまる。冬ならではの温泉の楽しみです。

食の楽しみ

食の楽しみ

■播磨が発祥、ぼたん鍋

塩田の食

瀬戸内の海で揚がった新鮮な海の幸、播磨の山々で育まれた豊かな山の幸、清流・夢前川でとれた野趣あふれる川の幸。海、山、川の豊かな自然に恵まれた旬の素材を活かした味覚が堪能できます。春はわらびやぜんまいなど地元の山々でとれた山菜料理、夏から秋にかけては夢前川でとれた鮎料理、そして冬の季節には播磨発祥と言われるぼたん鍋が絶品です。夢前町でとれるお米「山田錦」や「夢錦」は、日本酒をつくるのに最高峰の米といわれています。そんな贅沢な米を雪彦山の伏流水で仕込んだ地酒の味が料理のうまみを引き立ててくれます。

周辺のみどころ

周辺のみどころ

レジャーがおすすめ

緑豊かな塩田の楽しみは、登山やハイキング、サイクリングといった自然にふれ合うレジャーがおすすめ。日本百景に数えられる雪彦山、山姿の美しさから「播磨富士」と呼ばれる明神山、室町時代の山城跡がのこる置塩山といった「夢前三山」はぜひ訪れてみたい山々です。近隣には、昔ながらの農山村の風景が再現され、イモ堀りや栗拾いなどの農業体験ができる「夢さき夢のさと農業公園」や標高300m以上の丘陵地で珍しい野鳥や草花を目にすることができる「西播磨丘陵県立自然公園」など、播磨の山々に囲まれた自然いっぱいの見どころがたくさんあります。