財団法人 あかりの鹿児資料館
(設立年:平成9年)

事業内容灯火の資料館
見学できる日火~日曜日(月曜、年末年始、祝日の翌日は休館)
見学時間 10:00~17:00
申し込み不要
交通案内
〒675-0039
加古川市加古川町粟津803-1
<電車・バス>JR「加古川」から神姫バス「高砂」行き乗車、「県立病院前」下車、徒歩1分
<車>加古川バイパス「加古川」出口から南へ約10分
受け入れ人数1~50名
見学料有料(一般300円<200円>高校生200円<100円>小中学生以下は無料【<>内は20名以上の団体料金】)
海外からの見学者への対応可(要通訳同伴)
案内人あり
見学場所の設備など<ユニバーサル対応>
駐車場

見学内容および所要時間① <江戸のあかり> 江戸時代を中心に植物油で灯されたあかり。行灯(あんどん)や燭台など時代劇で見る物の他に、からくりのネズミ短檠(たんけい)や火取玉と呼ばれる火起こしの道具もある。
② <明治の洋燈> 文明開化の象徴ともいわれるランプ。日本製の色鮮やかなガラスや味わい深い竹や陶磁器製のランプの他に、ヨーロッパ製の華やかなものもある。
③ あかりの実演コーナー(火おこし体験他)          
④ ビデオ視聴
◎合計1時間30分~
配布資料などパンフレット
施設周辺の見どころ国宝 鶴林寺(徒歩約15分)
ひとことPR「あかりも灯火から電燈へと移り変わった、21世紀の文明社会の中で、私達は火の持つあたたかさを忘れつつあります。当館の展示品は江戸や明治に実際に使用されていたものです。これらのあかりの道具から火を灯すことのあたたかさをイメージして頂ければ幸いです。また3階部分では版画や陶磁器、絵画、彫刻などの展示ホールとなっております。その他、図録『江戸のあかりと明治の洋燈』(2000円)絵ハガキ(50円) キャンドルランプ(800〜1500円)などの販売もしております」
問い合わせ・申し込み先TEL 079-421-2191 / FAX 079-425-8981
ホームページhttp://www.next-1.co.jp/contents/akari/