旧九鬼家住宅資料館

事業内容兵庫県指定重要有形文化財に指定されている貴重な建物の公開をしています。2階は通常非公開ですが、年間約10回特別公開を行っています。
見学できる日季節開館日 月曜日休館(月曜日が祝休日の場合は翌日)(春季)3/1~4/6まで(夏季)7/20~8/31まで(秋季)11/1~11/30まで(冬季) 12/25~1/31まで(12/28~1/4を除く
見学時間 午前10時~午後4時
申し込み不要
交通案内
〒669-1532
三田市屋敷町7番35号
<電車>三田駅から徒歩10分
<バス>三田駅から:神姫バス 法務局前から徒歩1分 三田駅乗り場④⑤番から平日昼間で7本程度 土日祝日は同乗り場ですが、2本と激減します。
<車>最寄りの高速道路は中国縦貫道西宮北IC または神戸三田ICが便利です。 乗用車無料駐車場があります。大型バスは通行禁止ですので、TELでご相談下さい。
受け入れ人数1人~100人
見学料無料
海外からの見学者への対応可(要通訳同伴)
案内人あり
見学場所の設備などバリアフリー設備あり。車いす対応のリフト。トイレは隣接のふるさと学習館をご利用ください
駐車場あり(11台(無料))

配布資料などあり
施設周辺の見どころ三田市 ふるさと学習館
心月院 九鬼家 白洲家墓所
ひとことPR旧九鬼家住宅は、明治初期に建てられた全国でも数少ない擬洋風建築の建物で、平成10年4月7日に兵庫県重要有形文化財に指定されました。
擬洋風建築とは、当時の大工さん達が、洋風建築を取り入れて造った洋風と和風が混在した建物のことです。 この住宅は、当主であった九鬼隆範が自ら行い、その設計図面も残っています。
問い合わせ・申し込み先TEL:079-559-6899 / FAX:079-559-6899 
ホームページhttp://kukike.jimdo.com/旧九鬼家住宅資料館