手柄山交流ステーション(モノレール展示室)
(設立年:2011年)

事業内容昭和41年~49年に運行していた姫路モノレールの手柄山駅舎を改修し、当時のプラットホームを再現し、車両を常設展示し、乗車も可能。
見学できる日毎週火曜と12/29-1/1以外。
見学時間 9:00~17:00
申し込み不要
交通案内
〒670-0971
姫路市西延末440番地
<電車>山陽電車「手柄駅」下車、徒歩約10分
<バス>路線バス「姫路文化センター前」下車、徒歩約10分
<車>
受け入れ人数~100人
見学料無料
海外からの見学者への対応可(要通訳帯同)
案内人自由見学
見学場所の設備など水族館・多目的ホール
駐車場あり(500台)

見学内容および所要時間プラットホームを再現し、モノレール車両、広告看板、そのた部品なども展示。姫路大博覧会のジオラマ、姫路の交通の歩みコーナー、展示館。
所要時間:20分程度
施設周辺の見どころ手柄山中央公園(水族館、温室植物園、緑の相談所、平和資料館、手柄山遊園、文化センターなど)
ひとことPR開業(昭和41年5月17日)の華やかさ、賑わいを感じていただけるよう、映像、音響、照明を効果的に取り入れた展示演出を行うとともに、プラットホームには当時の広告看板、逆転時刻表などを再現し、なつかしい昭和の姫路を楽しみながら体感できる空間づくりを行っている。
問い合わせ・申し込み先TEL 079-299-2500 FAX 079-299-2522
ホームページhttp://www.city.himeji.lg.jp/koryustation