神戸税関広報展示室
(設立年:明治元年)

事業内容税関の役割や神戸税関の歴史、神戸港の貿易をわかりやすく紹介。コピー商品、ワシントン条約該当品、密輸の手口などの展示。その他触ってみる体験コーナー、ビデオコーナーがある。
見学できる日月~金曜日(土・日・祝日休館)
見学時間 8:30~17:00
申し込み不要(10名以上の団体は事前に申し込みをしていただければ職員がご案内します)
交通案内
〒650-0041
神戸市中央区新港町12-1
<電車>JR「三ノ宮」、阪急・阪神・地下鉄「三宮」から南へ徒歩約10分
受け入れ人数自由見学 (職員による案内を希望する場合10名~100名)
見学料無料
海外からの見学者への対応
案内人自由見学(予約団体のみ)
見学場所の設備など<ユニバーサル対応>
駐車場

見学内容および所要時間①展示ゾーン:税関の役割、神戸税関の歴史や管轄区域、コピー商品やワシントン条約で取引が規制されているライオンのはく製等の展示
②プレイ体験ゾーン:ブランド品の「本物」と「偽物」を見分けたり、密輸品を発見したりとゲーム感覚で体験
③情報シアターゾーン:税関の役割と神戸税関の歴史を紹介したビデオを視聴
④ 見学案内:職員による見学案内は、所要時間約1時間で屋上もご案内します。
見学上の注意安全管理のため入場の際に、氏名、住所等のご記入をお願いします。
配布資料などパンフレット(子供用あり)
施設周辺の見どころ・神戸市立博物館(徒歩10分) 
・神戸らんぷミュージアム(徒歩10分)
・ハーバーランド(徒歩20分)
ひとことPR「私たちの生活に深く関わりをもつ税関業務や『みなと神戸』の歴史をわかりやすく紹介しています。また、神戸港のランドマークとして親しまれてきた時計塔のある建物は近代化産業遺産にも認定されており、一見の価値があります」
問い合わせ・申し込み先神戸税関広報広聴室  TEL078-333-3028/FAX078-333-3123
ホームページhttp://www.customs.go.jp/kobe/