姫路市書写の里・美術工芸館
(設立年:平成6年)

事業内容姫路をはじめ、全国の郷土玩具やさまざまな工芸品、元東大寺菅長・清水公照さんの作品を展示。また伝統工芸の絵付け体験もできる。
見学できる日火~日曜日(月曜休館<祝日の場合は翌日休館>年末年始休館あり)
見学時間 10:00~17:00(入館は16:30まで)
申し込み不要(団体の場合は要事前予約)
交通案内
〒671-2201
姫路市書写1223
<電車・バス>JR・山陽「姫路」から神姫バス「書写ロープウェイ」行き乗車、終点下車、徒歩3分
<車>姫路バイパス「姫路西」ICから15分
受け入れ人数1~約150名(はりこや、こまの絵付け体験の場合は1~40名)
見学料有料300円(団体20名以上2割引)
海外からの見学者への対応可(要通訳同伴)
案内人自由見学
見学場所の設備など<ユニバーサル対応>
駐車場あり(45台)

見学内容および所要時間(1)郷土の伝統工芸である「姫路はりこ」「姫路こま」「姫山人形」 づくりの熟練の技を間近に見学、「明珍火箸」などの展示、「はりこ面」「姫路押絵」「こま」の絵付け体験もできる(工芸工房)
(2)清水公照の書画や郷土ゆかりの工芸品、「はりこ」や「土人形」「土鈴」「こけし」など昔懐かしい全国の郷土玩具を展示。年間を通してテーマを設定しての企画展示もあり(郷土玩具室)
配布資料などパンフレット
施設周辺の見どころ書写山・円教寺(当施設よりロープウェイ利用 書写山上へ)
ひとことPR「城下町姫路を中心とした伝統工芸品の数々を展示するほか、姫路はりこなどの製作実演も。今では見られなくなった古き良き日本の工芸に触れてみてください。きっといろいろな昔のいろいろな思い出を運んでくれるはずです。また小さなお子さんには新鮮で貴重な体験ができます」
問い合わせ・申し込み先TEL 079-267-0301 / FAX 079-267-0304
ホームページhttp://www.city.himeji.lg.jp/kougei/