1. ホーム
  2. ひょうご名物ガイド
  3. 第10回ひょうご観光ボランティアガイド発表会グランドチャンピオン大会(鍋谷 晴紀さん)

「この人に会いたい」ひょうご名物ガイド

ひょうご観光ボランティアガイド発表会は、第10回大会を記念して歴代の知事賞受賞者を対象にグランドチャンピオン大会を開催しました。 グランドチャンピオンに、播州赤穂観光ガイド協会の鍋谷晴紀さん。審査員特別賞を、猿尾滝観光ガイドの西村寿さんが授与されました。

写真

ひょうご名物ガイド 「グランドチャンピオン兵庫県知事賞」

問い合わせ先
播州赤穂観光ガイド協会
TEL : 0791-42-2602 / FAX : 0791-42-3840

「播州赤穂観光ガイド協会」紹介ページへ

エリアの紹介

歴史好きが生かせる、健康に良いという2つの理由から、観光協会にガイド登録を申し込んだ。研修を受けてガイドとしてデビュー。以来、さまざまな年齢層やグループをご案内し、現在までのガイド回数は600回を超える。 「学校の授業で話してほしい」と依頼されることもある。そんな時は「若い人達に赤穂の素晴らしさを伝え、郷土に誇りをもってほしい」との思いから、生徒達への話しにも熱が入る。 ご案内したお客様というご縁で、他県へも出かけて、逆に案内してもらったこともある。 実際に活動してみると、その予想を超えるさまざまな出会いがあり、ガイドをしたからこその交流が生まれた。まさに「ガイド冥利に尽きる」というご褒美が待っていた。 ガイドをする時は「一度だけでなく、何度も訪れてほしい」という思いでご案内する。赤穂への郷土愛と誇りが、観光客を惹きつける。 時を経て、現在もなお語り継がれる「忠臣蔵」の赤穂浪士。「お芝居に取り上げられる数は、日本一」と胸を張る。赤穂には、その他にも観て、感じて、味わってほしい自慢は数多い。これからもガイドの仲間と共に、その魅力を伝えていきたい。 年2回のガイド養成講座と、毎月2回の学習会を開催する。「新しいガイドさんにも、多くの経験を積んでほしい」と鍋谷さん。赤穂の魅力を発信する為に、観光ボランティアガイドの人材育成にも熱が入る。

ガイド歴

■平成19年 観光ボランティアガイドとしてデビュー。
■平成23年 第 4 回「ひょうご観光ボランティアガイド発表会」知事賞を受賞。
■平成29年 第10回「ひょうご観光ボランティアガイド発表会」グランドチャンピオン大会知事賞を受賞。

エリアの紹介

@ わかりやすい
A おもしろい
B 観光ガイドとは、「また来たい!」と思って頂けるガイドであること

イメージギャラリー

※画像をクリックしていただきますと拡大写真がご覧いただけます。(※OSやブラウザのバージョンによっては正しく表示されない場合があります。)

ページ先頭へ