風土記を片手に播磨を歩こう

播磨地域マップ背景1 播磨地域マップ背景2 MENU

小野市「ひまわり・あじさい花散歩ウォーキングコース」

播磨国風土記の黒川として記載されいる場所は小野市黒川町周辺とされています。今回のコースはその黒川付近の田園地域を散策し季節の花を楽しむコースです。 国史跡広渡廃寺跡歴史公園からスタート。公園内を少し散策したあとはひまわり公園に向かいましょう。近くの共進牧場ではソフトクリームなどを楽しむことも出来ます。 国宝である浄土寺を参拝したら東隣りの森に入りましょう。江戸時代に創られた八十八体のお地蔵様が並ぶパワースポットで梅雨時期は紫陽花が咲き乱れます。

約7kmのコースです。 平坦な歩きやすいルートです。運動靴で歩くことが可能です。

マップ上のアイコンをクリックするとスポットの詳細情報をご覧いただけます。

小野市「ひまわり・あじさい花散歩ウォーキングコース」イラストマップ スタート/ゴール:国史跡広渡廃寺跡歴史公園 国史跡広渡廃寺跡歴史公園 ひまわりの丘公園 共進牧場 浄土寺 浄土寺裏山八十八ヶ所
*この情報は2013年9月のものです。
当コース上で起こった不慮の事故や怪我に関して当サイト、運営事務局はなんら責任を負うものではございませんのでご了承ください。
イラストマップをダウンロードする
アイコンの凡例
国史跡広渡廃寺跡歴史公園
* 国史跡広渡廃寺跡歴史公園
7世紀後半頃に建立された古代寺院跡で、東西両塔、金堂、講堂などが確認され、奈良の薬師寺と同じ伽藍配置であったことが明らかとなっています。 今は史跡公園として整備復元され、基壇と呼ばれる建物の基礎や1/20の伽藍縮小模型などにより往時の姿を偲ぶことができます。

住所:小野市広渡町304-1
入園料:無料
開園時間:9:00〜17:00
休園日:毎週月曜日
   (月曜日が休日の場合は翌日)
駐車場:有り
* ひまわりの丘公園
R175沿いにある、年間約100万人もの人が訪れる公園。 夏には、約50万本のひまわりが咲き誇ります。春は菜の花、秋はコスモスが農園を彩ります。 園内には、公園のシンボル「ひまわりの塔」や遊具充実の広場、小野の特産品が買える「サンパティオおの」などがあります。 また、足ツボを刺激するウォーキングゾーンもあり話題です。 季節の花のピークを過ぎると切り花として持ち帰りができるとあって、地元のみならず北播磨一の人気公園です。

住所:小野市浄谷町1545-321
電話:0794-62-1147
業務時間:8:30〜17:00
共進牧場
*共進牧場
天気のいい日にはついつい足が向いてしまいそうな共進牧場。この牧場は50頭ものジャージー牛が群れをなして草を食べており、緑のじゅうたん一面にのどかな風景が広がっています。バーベキューもOKで、ゆっくりと楽しめます。

住所:小野市浄谷町1544
電話:0794-63-5751
浄土寺
*浄土寺
浄土寺の浄土堂(国宝)は、鎌倉時代の1192年(建久3年)に俊乗房重源上人が建立した天竺(てんじく)様の建物として、全国的にも貴重なものです。 堂内には円形の須弥壇(しゅみだん)を構え、雲座の上に立つ巨大な阿弥陀如来像及び両脇侍像(勢至菩薩・観音菩薩)を配し、浄土堂南面と西背面を蔀戸(しとみど)で構成して、西日を背景に来迎の阿弥陀を表現しようとする様は圧巻です。

拝観時間:9:00〜12:00 13:00〜16:00
浄土寺裏山八十八ヶ所
*浄土寺裏山八十八ヶ所
小野市浄谷町の浄土寺の裏山「大師山」7.2ヘクタールの小高い丘に江戸時代に設けられた四国八十八ヶ所霊場巡りができる林道約1.5ヘクタールの整備をしました。 コースは、江戸時代に作られた88体の地蔵を巡るもので、1周を約30分程度で歩ける距離で、平坦なので、快適に回ることができ、地元に親しまれている隠れた名所です。 しかし、従来の散策林道は少し狭く、松の立ち枯れが進み、笹などが生い茂ってしまっていたので、枯れた松や雑木を伐採し、笹を刈り取り、階段なども設置して、あじさいの植栽も行いました。その結果、これまでと見違える程、景観がよくなり、気持ちのいい散策コースになりました。 ぜひ一度、国宝浄土寺の拝観とあわせて、散策を楽しんで下さい!