風土記を片手に播磨を歩こう

播磨地域マップ背景1 播磨地域マップ背景2 MENU

上郡町「播磨の端っこてくてくウォーキングコース」

JR上郡駅から西へ古代山陽道の重要な道の拠点「野磨駅家(やまのうまや)跡」を目指しましょう。ここには風土記の書かれた時代、交通拠点の駅家が置かれていました。現在でもこの地から備前への峠は交通の要衝で備前への玄関口としてこの駅家を中心に様々な人々が行き交っていたのではないかと想像出来ます。途中、井の端遺跡公園から眺める上郡の風景を楽しみながら古墳時代や奈良時代に思いを馳せましょう。また、道中には宿泊施設やさくら園などの見どころもあります。

約6kmのコースです。歩きやすい運動靴でゆっくりと楽しみましょう。

マップ上のアイコンをクリックするとスポットの詳細情報をご覧いただけます。

上郡町「播磨の端っこてくてくウォーキングコース」イラストマップ スタート/ゴール:JR上郡駅 かみごおりさくら園北入口 井の端遺跡公園 上郡ピュアランド山の里 かみごおりさくら園南入口 上郡森林体験の森 山陽道野磨駅家跡
*この情報は2013年8月のものです。
当コース上で起こった不慮の事故や怪我に関して当サイト、運営事務局はなんら責任を負うものではございませんのでご了承ください。
イラストマップをダウンロードする
アイコンの凡例
かみごおり桜園北入口
*かみごおりさくら園北入口
平成11年度に、森林景観促進環境保全事業により整備され、4.68haの山肌に10種類の桜が植栽されています。
井の端遺跡公園
*井の端遺跡公園
井の端古墳群は、上郡町山野里に所在する13基からなる古墳群です。現在までに、上郡ピュアランド山の里の建設や県道5号線の改良工事で5基が調査されています。なかでも井の端7号墳と8号墳は、調査当初、播磨地方に類を見ない特殊な形態の弥生墳丘墓と考えられ、保存・整備が行われました。また、遺跡の貴重性・希少性を鑑み、兵庫県史跡の指定を受けました。その後、類例の増加と研究の進展によって、弥生墳丘墓ではなく古墳であることが明らかになったものの、現在も校外学習や生涯学習、郷土研究などの場として広くご活用いただいています。
上郡ピュアランド山の里
*上郡ピュアランド山の里
緑豊かな天王山、赤穂藩主浅野内匠頭構築で農業用水を蓄えた大池、上郡町内への眺望が眼下に開ける山野里にある公共施設が、「上郡ピュアランド山の里」です。インド産の砂岩で外装された玄関、グレーのタイルで覆われた外壁、そして大理石が使われたロビー、御影石の内装の浴場など、ホテル並みの豪華な設備となっており、宿泊施設としての機能も併せ持った快適な空間を提供しています。

住所:兵庫県赤穂郡上郡町山野里2748番1
電話:0791-52-6388
上郡森林体験の森
*上郡森林体験の森
人と自然の共生が実感できる癒しの場。新スタイルの自然レジャー体感スペースで身体も心もきっと森や小動物たちが癒してくれます!里山ゾーンは、主に松及び広葉樹の混交林で、多様な生き物が多く生息しています。ウグイスやホトトギス等の野鳥やカブトムシ・クワガタ等の昆虫が観察でき、コバノミツバツツジやモチツツジが多く生息しており、ツツジ山ゾーンとてして整備しております。また山頂からの風景は絶景で上郡町市街地を一望できます。

住所:赤穂郡上郡町山野里2748番地1周辺
電話:0791-52-1116
山陽道野磨駅家跡
*山陽道野磨駅家跡
駅家は、駅路に沿って整備された施設であり、全国に400箇所以上存在したとされていますが、ほとんどが後世の開発によって失われています。そのような中で、山陽道野磨駅家跡は、掘立柱建物の初期駅家跡と瓦葺礎石建物の後期駅家跡、そして山陽道跡が良好な状態で残っており、駅家の全体像がわかる非常に貴重な遺跡です。