1. ホーム
  2. イベント情報

イベント情報

  • 2018年7月7日(土)〜2018年11月4日(日)
    県美プレミアム 特集 県政150周年記念「ひょうご近代150年〜収蔵品でたどるひょうごのあちこち、150年のあの時この時〜」
  • 神戸市

場所:兵庫県立美術館
TEL:078-262-0901 (兵庫県立美術館)

 

 本年は、兵庫県が設置されて150 年目にあたります。これを記念して開催する同展では、兵庫県立美術館収蔵品によって、「ひょうご近代」の150 年を振り返ります。

 旧国名でいうところの但馬、丹波、播磨、摂津、淡路の5つの地域を擁し、日本海と瀬戸内海を臨む兵庫県は、文化・芸術の分野でみると、広い県域と多様な風土を反映した多彩な人材を数多く輩出しています。また、開国以来の港をかかえ、各地域に小さな中心が存在する当県には様々な人々が往来し、そのことが大きな刺激になったと推察されます。

同展では、150 年の時空を自由に行き来し、具体的な「あの時」や「この時」、「あちこち」や「そこ」や「ここ」といった具体的細部に目をこらして用意したトピックごとに作品を展示することで、「ひょうご」を再発見してみたいと考えています。

【本展のみどころ】

○県内各地を描いた作品を展示。そうだったのか!この絵はココやアソコを描いているんだ!お住まいの地域の好感度が一挙にUP!

○会場では、150 年の「本当」だけでなく、小説などに出てくる「虚」のできごとも紹介しながら、ひょうごのイメージを探ります。

○美術の「中央」である東京とは違う、もうひとつの真ん中である京都とも違う、ましてや大阪、和歌山とも全然違うひょうごならではの美術の姿を発見できるかも?

開催場所

地図を見る

兵庫県立美術館
〒651-0073
神戸市 中央区脇浜海岸通1-1-1
お問い合わせ 078-262-0901
HP https://www.artm.pref.hyogo.jp
交通アクセス 電車
○阪神岩屋駅(兵庫県立美術館前)から南へ徒歩約8分
○JR神戸線灘駅南口から南へ徒歩約10分
○阪急神戸線王子公園駅西口から南西へ徒歩約20分
バス
○JR三宮駅前から、阪神バス「HAT神戸」にて約15分
○神戸市バス「101系統」「29系統」にて約16分、「県立美術館前」下車すぐ
開催時間 午前10時-午後6時(金曜日・土曜日は午後8時まで)
入場は閉館の30分前まで
定休日 休館日:月曜日
(ただし7月16日、9月17日、9月24日、10月8日の祝日・振替休日は開館、7月17日、9月18日、9月25日、10月9日の火曜日は休館)
料金 一 般:500(400)[300]円
大学生:400(300)[200]円
70歳以上:250(200)[150]円
高校生以下:無料
*( )は20名以上の団体料金/[ ]は特別展とのセット料金
*70歳以上は一般料金の半額
*障がいのある方とその介護の方1名は無料
*毎月第2日曜日は公益財団法人伊藤文化財団のご協力により無料で観覧できます。
*7月12日〜 16日は県政150周年事業 美術館・博物館無料開放事業により無料で観覧できます。