1. ホーム
  2. イベント情報

イベント情報

  • 2017年7月15日(土)〜2017年9月10日(日)
    トピックス展「カメの玩具にあらわれる外来種の影響」
  • 三田市

場所:兵庫県立人と自然の博物館
TEL:079-559-2001 (兵庫県立人と自然の博物館)

 

戦前、日本本土の野外に広く見られたカメは、ニホンイシガメ、クサガメ、それにニホンスッポンの3種のみで、これらはいずれも、褐色や灰色を基調とした地味な体色をしています。ところが戦後になると、米国から、派手な色合いのミシシッピアカミミガメの幼体が「ミドリガメ」の商品名で多数輸入されるようになりました。このカメはやがて逃げ出したり遺棄されたりして野外の至る所で繁殖し、今では多くの場所でその数において、戦前からいた他のカメを圧倒する存在となっています。

本展示では、収集家の方によって集められたカメの玩具を経時的に並べ、時代とともにその色合いが、ちょうど上記のような野外で見られるカメ類の変遷に対応して、地味なものから派手なものへと変わってきている様子をご覧頂きます。

開催場所

地図を見る

兵庫県立人と自然の博物館
〒669-1546
三田市 弥生が丘6
お問い合わせ 079-559-2001
HP http://www.hitohaku.jp/
交通アクセス JR三田駅より神戸電鉄7分フラワータウン駅下車、徒歩約3分
開催時間 10時00分〜2017年9月10日(日曜日)17時00分
定休日 月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始、臨時休館日あり
7月18日、9月4日は休館
料金 大人:200円
大学生:150円
70歳以上:100円
高校生以下:無料