ひょうごのまち歩き

但馬

明延鉱山ガイドクラブ

コースのポイント

  明延鉱山は、奈良・東大寺の大仏鋳造の際に、産出した銅が献上されたと伝えら れる歴史の古い鉱山。明治42年に錫の鉱脈が発見されると「日本一の錫の鉱山」 として栄え、生野鉱山などとともに日本の近代化を牽引しました。錫の産出量は国内 の9割以上を誇り、坑道の総延長は新幹線東京〜大阪間に匹敵する550kmにも 及びました。明延地区には最盛期、鉱山従業員やその家族など4000人が居住していま した。昭和62年に惜しまれつつ閉山しましたが、往時の名残は町の各所に残 されています。
  また、2017年4月に飾磨港と生野・神子畑・明延・中瀬の鉱山群を結ぶ南北73km の道が「播但貫く、銀の馬車道 鉱石の道〜資源大国日本の記憶をたどる 73kmの轍〜」として日本遺産に認定されました。
  見学コース内には、採掘用の大型車両や削岩機、電気機関車などが当時と同じ姿 で展示・公開されているほか、岩肌に残る生々しい掘り痕や地下から伝わる冷気か ら、当時の様子を体感することができます。

コースの内容

  • 明延鉱山探検坑道

  • 明延鉱山学習館

  • 明延鉱山探検坑道

  • 一円電車見学

詳細情報

イメージ写真 イメージ写真 イメージ写真

ガイド名 : 明延鉱山ガイドクラブ

国の近代化産業遺産である「探検坑道」を通して、明延鉱山の歴史や文化などを学習し、その魅力を紹介していくことで、日本の鉱山が果たしてきた役割を次代へ伝え、地域の発展に寄与することを目的としています。

開催日 毎日(要予約)
※4月第2〜10月末の毎週日曜日は
ご予約不要の「日曜坑道見学会」を開催
集合場所 あけのべ自然学校
アクセス ・JR八鹿駅より全但バス約60分
・北近畿豊岡自動車 養父ICまたは八鹿氷ノ山ICから車で40分
所要時間 約1時間
入坑料(ガイド料込) 高校生・一般 1,200円
小中学生 600円
※団体様20名以上割引あり
お申込み・お問合せ あけのべ自然学校
受付時間:平日8時30分〜17時15分
TEL 079-668-0258
予約 3日前までに電話
関連サイト 明延鉱山

街歩きコース一覧に戻る