ひょうごのまち歩き

播磨東

ぶらり子午線観光ガイド連絡会

コースのポイント

日本標準時子午線が通る「時のまち」明石。子午線の真上に立つ明石市立天文科学館、柿本人麻呂を祀る柿本神社など、文化や歴史に触れるコースです。最後は「魚のまち」明石の象徴ともいえる魚の棚商店街へ。

コースの内容

  • 時のまち・魚のまち明石

  • 県立明石公園(明石城・武蔵の庭園)

  • 市立文化博物館前

  • 本松寺(妙見社)

  • 亀の水

  • 月照寺

  • 柿本神社

  • トンボの標桂

  • 市立天文科学館前

  • 魚の棚商店街

詳細情報

イメージ写真 イメージ写真 イメージ写真 イメージ写真

ガイド名 : ぶらり子午線観光ガイド連絡会

1.ガイドをするにあたって常に新しい知識を取り入れています。
2.明石は歴史ある町です。市内に名所旧跡が数多くあります。「次も明石の見どころを訪ねたい」と思っていただけるガイドを心がけています。

開催日 (4月・5月・9月〜11月・3月の毎週日曜日)及び(6月〜8月・12月〜2月の第2日曜日)
出発時刻 10:00
アクセス JR明石駅東口改札前
所要時間 約2時間
ガイド料 無料
お問合せ (一社)明石観光協会
TEL 078-918-5080
FAX 078-911-0579
予約 不要(その他の個別ガイドは1週間前までに、団体は2週間前までに要予約)
関連サイト 明石観光協会HP

街歩きコース一覧に戻る