百名所をトリプル検索
エリア別検索 テーマ別検索 五十音別検索
トップページにもどる
歴史・文学
53.谷崎潤一郎記念館・倚松庵
谷崎文学に親しむ記念館と、“細雪”が生まれた倚松庵。
谷崎潤一郎記念館
谷崎潤一郎の業績を顕彰し谷崎文学に親しむ拠点として建設された記念館には、松子夫人や遺族から贈られた500点を中心に、原稿、書簡、書籍、日用品などが展示されています。
谷崎の関西での最後の住居、京都・潺湲亭の庭を模した日本庭園も見どころのひとつです。
谷崎潤一郎記念館 地図
休館日 月曜 ※祝日の場合は翌日)、年末年始(12/28〜1/4)、展示入れ替え期間
開館時間 10:00〜17:00
入館料 大人300円、高大生200円、中学生以下は無料
所在地 芦屋市伊勢町12-15
アクセス 阪神芦屋駅から徒歩15分
お問い合わせ TEL:0797-23-5852
ホームページ http://www.ashiya-web.or.jp/tanizaki/
(財団法人 芦屋文化振興財団ホームページ内)
倚松庵
関西に移住して谷崎文学が花開いたのは、庵の名前にもある松子夫人との出会いがあったからで、谷崎潤一郎はこの庵で松子夫人やその姉妹と暮らし、船場の姉妹の日常を描いた“細雪”を執筆しました。庵には、応接間や書斎が当時のまま保存され、自筆の書籍や原稿も展示されています。
倚松庵 地図
開館日 土日のみ ※年末年始は休館
開館拝時間 10:00〜16:00
入館料 無料
所在地 神戸市東灘区住吉東町1-6-50
アクセス JR住吉駅から徒歩12分
阪神魚崎駅から徒歩6分
お問い合わせ TEL:078-842-0730
←1つ前にもどる
 兵庫県 産業労働部 国際交流局 観光交流課
〒650-8567 神戸市中央区下山手通5丁目10番1号(1号館7階)   E-mail:kankoukouryuuka@pref.hyogo.jp