百名所をトリプル検索
エリア別検索 テーマ別検索 五十音別検索
トップページにもどる
歴史・文学
51.ファッションとジャズの街・神戸
あくまでもお洒落で“ハイカラ”な港町。
神戸は、神戸港開港当時から今に至るまでずっと、ファッショナブルで洗練され、つねに流行の最先端にある街。異国情緒にひたりたくなったら、そして、自分自身 をセンスアップしたくなったら迷わず神戸へ。素敵な街並みやエキゾチックな異人館、神戸ならではの“ハイカラ文化”がこころよく迎えてくれます。
風見鶏の館
旧外国人居留地・15番館
地図
旧外国人居留地
神戸港開港にともなって、フラワーロードの西側から元町にかけての一帯に、外国人が商店やオフィスを置く外国人居留地が設けられました。かつて各国の領事館や商館が立ち並んだこの界隈は、英国人の設計による街区も当時のままで、落ち着いたオフィス街の中に今も欧風の建築が点在。それを活かした市立博物館やブティックが並び、散策するだけでもおしゃれな気分にひたれます。
旧外国人居留地
アクセス JR三ノ宮駅から徒歩15分、JR元町駅から徒歩5分
北野異人館街
旧居留地でビジネスを持つ外国人たちが居宅をかまえたのが北野地区で、現在でも20以上の洋館が一般公開されています。
公営異人館として無料で公開されているのは、国指定重要文化財でもある「風見鶏の館」のほか、「ラインの館」と「萌黄の館」。いずれも調和のとれた美しい外観や凝った意匠が見事です。
また、周辺に集まるおしゃれなブティックやレストランに立ち寄るのも楽しみのひとつ。
※風見鶏の館とラインの館は平成23年2月1日〜3月末まで保存修理工事により休館
ラインの館
アクセス JR三ノ宮駅から徒歩15分、JR新神戸駅から徒歩10分
トアロード
[北野工房のまち]
北野異人館街と旧居留地を結ぶ坂道で、開港以来多くの外国人が行き交ったストリート。
ここを拠点に新しい神戸ブランドを発信しようとオープンしたのが「北野工房のまち」。
廃校になったレトロな小学校校舎を利用した施設内では、こだわりの20の工房が技を競い、手作りのチョコレートやケーキ、地ビール、靴、工芸品など、伝統を受け継ぐマイスター(職人)の技を間近で見ることができます。ここでしか買えないオリジナル商品も魅力。
北野工房のまち
休館日 第3火曜 ※祝日の場合は翌日
年末年始(12/29〜1/3) ※10月〜12月無休
開館時間 10:00〜18:00
入館料 無料
所在地 神戸市中央区山手通3-17-1
アクセス JR三ノ宮駅から徒歩18分、JR元町駅から徒歩15分
お問い合わせ 店舗により異なる ※下記ホームページ参照
ホームページ http://www.kitanokoubou.ne.jp/
←1つ前にもどる
 兵庫県 産業労働部 国際交流局 観光交流課
〒650-8567 神戸市中央区下山手通5丁目10番1号(1号館7階)   E-mail:kankoukouryuuka@pref.hyogo.jp